« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

世間は連休でも・・・。

やって来ました大型連休。週間天気予報では今までの天候不順がウソの様、前半はやや不安定だが、5日まで雨が降ることはなく概ね好天が続き、気温も夏日になるくらいまで上昇するようです。

道路も混むんだろうなあ?前にも触れましたが、舘山寺周辺(動物園・フラワーパーク・遊園地パルパル等)へ向かう道路は必ずと言っていいほど渋滞するんです。付近のの駐車場がいっぱいになると、そこから混雑が始まり末尾は西インターまで達することもあったりで。

この幹線道路沿いにハウスがある生産者は、混み出したらアウトですから朝早く採り終えるしか方法がありません。いくら抜け道を知っていても、肝心の[仕事場]に近付けないことには話にならないのです。

幸い、うちは1本奥に入った場所にあるので困りません。喧騒を他所に仕事に集中できる環境は整っています。近い内に帰ってくるであろう息子を使って、遅れを挽回しようと考えている親父の思惑どおりに事が進むか・・・!?

いずれにしても植替え前の最後の需要期じゃから、死に物狂いで(ちと大袈裟やわ)やらんといかん。この時期の蓄えで秋まで過ごさないかんのやから、一円でも多く稼ぎたいのが本音やもん。嫁とパートさんと私の3本の矢がひとつになって、高値を勝ち取りたいものでありんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんな頑張ってんなあー!

過去には総会やら年度初めでバタバタするので行われないこともあった4月の圃場巡回&全体会が先日開催された。新体制になって初の全体会合とあって、新しく役員になった部会員の初々しさが新鮮に思えたりした。 coldsweats01

MPSの勉強会もあって余計に忙しなかった面もあったが、各役員それぞれしっかり報告・発表をしてくれて、まずは順調なスタートかなという気がする。 happy01

昼間の圃場巡回では各生産者とも出荷や一般管理作業で忙しいにも関わらず、改植の方もちゃんと進めているのに関心させられた。やってないのは俺だけ?のような妙な疎外感を感じ、心を入れ替えて植替え作業に集中しなければいけないと強く思った。 bearing

花採り・出荷調整・薬剤散布を平行して行ないながらの改植は本当にきついが、[働かざる者、食うべからず]弱音を吐かず、気持ちを前向きにしてひとつひとつ丁寧に、そして時には我武者羅に仕事に打ち込んで行きたい。(今日はいつにも増して真面目な内容だなあ) soon       

まあ自分を奮い立たせる御褒美も用意しつつ、飴と鞭を上手に使いながらやっていくしか方法はない。早速、今日から実践だ!仕事だって○○○だって「やる時はやるぜ!up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休間近!G.Wの思い出!!!

もうすぐ大型連休ですね。何処へ行っても人・人・人。混んでるのが嫌いな(体裁の良い言い訳?)チャバネはひたすら仕事に明け暮れる毎日を過ごすことになりそうです。

ラジオの渋滞情報を聞いては「ざまーみろ!」とのたまい、東名に掛かる橋から実際の混雑状況を見ながら「ほーら、混むって言ったでしょ!」とほくそ笑むのが、唯一の、そしてささやかなストレス解消法だったりして!

観光地、舘山寺が近いので付近の道路が滞るとハウスや家にも行けない状況に陥ることもしばしば。そんな時は敢えて遠回りしたり、地元民しか知らない抜け道を駆使しながらなんとか目的地に辿り着くってな感じですかね。

子供が小さかった頃は、(渋滞に)はまるのを覚悟で出掛けて見事そのとおりになっちゃったこともありました。それでも何処かへ行かないと可哀想だからと、嫁の実家まで数時間掛けて出向いたりしましたっけ。あまり気長に待てない私は、当然渋滞するとイライラ。嫁に当たり喧嘩しながら運転したことも。今考えると子供たちに悪かったなと思います。他所と比べると遠出することも少なかったし、正直、良い父親ではなかったですね。

もっと遡るとまだ嫁と付き合う前、仲間と共に浜松祭りを観に行って[激練り]に参加したことがありました。ラッパの音と「オイショ、ヤイショ」の掛け声が気持ちを高ぶらせ、夢中で練っていました。(若かったっす!)

(話を戻して)今年は母の日が9日ですから、連休中は正に花採りと出荷調整で大忙しになりそうです。秋まで耐えられるように、少しでも多く稼いでおきたいものですが果たして・・・。

100424_152701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう決心しました!

4月末になっても朝晩は10℃以下まで下がるので、なかなか思い切れなかったサイドの固定張りを巻き上げることにしました。晴天時の日中の温室内の暑さはかなりのもので、人間は元よりガーベラにとってもよろしくないので重い腰を上げたというわけです。

一番下の地面についていた部分の泥汚れを適当に払い落とし、端から順にフックに引っ掛けていくのですが、極薄(0.05)ポリのため、ちょっとした拍子に穴を開けてしまいます。そうならないように気を付けながら3棟やり終えました。

防虫ネット越しでも、やっぱり両側から風が入ると涼しさが違います。これで真夏までの間は何とかなるなと考えると同時に、ハモグリやスリップスなどの害虫との戦いがまた始まるのかという厳しい現実に思いを巡らしました。

余りの日差しの強さと空気の乾きを感じたので、通路までかかる位に思いっきり灌水してやりました。もうすぐやってくる母の日前ウイークにしっかり出荷できるように準備を怠りなくしておきたいものです。

もちろん同時進行の改植作業も、いつにも増して手を抜かずに頑張るつもりです。と言いながら次第に遅れ遅れになっていく仕事に若干の焦りを感じながら、卯月最後の一週間は過ぎて行きそうです。

100425_115101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[巣ごもりっち]増加中!?

一昨年10月のリーマンブラザース破綻に端を発した世界恐慌から一年半ほど経ちました。世の中には[節約]や[削減]といった単語が連呼され、庶民はいつ上向くか見当もつかない景気に半ば諦めムードも漂う中、一生懸命やり繰りしてきました。(ほんと、そうですよね皆さん!)

しかし、ここへ来て一部の業種では僅かながら回復の兆しが見られるとの報道も。花の業界においても先のお彼岸は近年にない高単価で取引されましたが、これは天候不順と寒気の影響による品不足によるものとの見方が大半を占めるようです。原因はなんであろうが花が売れ生産者にも恩恵があったことは、明るい話題のなかった昨今において久しぶりの光明と言えるのではないでしょうか?

消費動向にも変化が見られ単に安いだけのものは売れなくなり、多少高くても消費者が納得できる理由のある(差別化された)商品の売れ行きは好調のようです。ヨーカ堂より成城石井、ユニクロよりユナイテッドアローズに人気が集まっているのは、そういった一連の流れを如実に現していると言えます。

外食は控えるけど家庭で今までより良いものを食べたい。高級ブランドはまだ手が出ないけど、皆が着ているものより良い物を着たい。我慢に我慢を重ねてきたユーザーにも、そろそろ限界が来ているのは確かなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作る物が違うと・・・。

私、24で就農して後継者育成資金を借りてハウスを建てたのが1985年(昭和60年)。それから10年以上、施設菊で生計を立ててました。夏はシェード栽培(短日処理で花芽をつける)、冬は電照(長日にして花芽がつかないようにする)栽培などで年2.5作ぐらい回転させてたかな。

下から途中まではやや細く、中間から花首下10cmぐらいまで徐々ボリュームアップさせて、最後天葉をややコケ気味にすると理想の草姿になります。ゴツからず細からずが最も良いとされていました。下部を細くあげることで下葉の枯れあがりが防げ、尚且つ上部に太みをのせやすいとされていたように記憶しています。

今は差し穂をそのまま本圃に植えてポリ等で被覆して発根を促す[直挿し栽培]が主流ですが、昔は育苗床に穂を挿して発根させ、それを植えていたので苗を作るのにも時間と手間が掛かっていました。さらにそれをピンチ(芯を止めること)して脇芽を伸ばすやり方だったので、1本植えに比べてかなりの日数が掛かっていました。

苦労して仕上げた自信作も、その時の相場が低調なら高く売れません。それまでの工夫や手間が無駄になるような虚しさを幾度となく味わってきました。予約相対が取り入れ始めた現在ではバカ値はないものの、ド安いこともなくなってある程度計算できるようになってきたみたいです。

そんな菊作りに情熱を傾けていた若かりし頃の仲間(ほとんど先輩方)との懇親会があって、久しぶりにその当時の事やここでは書けないようなエロ話に花を咲かせました。傍にいても作目が違うと、なかなかじっくり話す機会はなく、挨拶程度になっていたので貴重な時間となりました。たまにはこんな飲み会もいいと思い直した、少し肌寒い卯月の夜の出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば・・そんなこともありましたっけ?

定かではないんですが4~5年前、部会長の大役が終わったばかりの4月に当時まだ初々しかった(今は自信たっぷり、余裕すら感じさせる)農協販売担当S君から携帯に連絡が・・・。「○○○さん、犬飼ってましたよね?(テレビ東京)ポチたまの収録の依頼がありまして・・・。」

他の人でもいいじゃんって思ったけど、根が出たがりなもので二つ返事でOK!日曜日の昼過ぎの予定が延びに延びて夕方近くになってからロケ隊到着。松本君とだいすけくん(ラブラドールレトリーバー)と感動のご対面となったのでした。

東海道を西進してきたお二人?が浜松の特産物「ガーベラ」ハウスへ立ち寄るという設定。何を喋ったか忘れてしまいましたが、だいすけくんに顔をベロベロ舐められたことも今となっては良い想い出です(犬にはもてるんだけどなぁ)。

100324_194901

その[ポチたま]がこの3月末で放送終了となりました。10年余りにわたり、我々に癒しと笑顔を与えてくれた番組だっただけに惜しまれます。松本君、故まさおくん、だいすけくん、そしてスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

100422_225301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[春に3日の晴れなし]というけれど・・・。

昨日は一日雨。強くはないが止み間なく降り続いた。隙あらば薬剤散布を敢行しようと目論んでいたが、さすがのチャレンジャーチャバネも諦めざるを得なかった。 rain

一転、今日は晴れ。しかも暖かいを通り越して暑い!最高気温は25℃を越えて[夏日]になったようだ。我慢してサイドや褄の固定張りを外していない状態でのこの暑さは、人にもガーベラにも堪える。今週末の寒気が去ったら、いよいよ取り外しに掛かろうと思っている。 sun

手掛けの量は減ったが、キャップ掛けのし難いFD(フルダブル)の品種は人任せに出来ない。何故って上手くやってくれないから。(箱詰めの時、花弁が裏返ったり、斜めに掛かってたりすると二度手間になってイラつくので、そうならないように自分が出来る時は自分ですることにしている) good

昼飯もそこそこに、やりかけの花を掛け終えると消毒の準備に取り掛かる。明日の予報がどうも雨らしいのだ。こんな暑い日はできれば薬散は避けたいのだが、ダニが蔓延し急を要する圃場があるので無理やりに強行する。 soon

大田のA常務とPC役員が来るのは分かっていたが、今日しかない晴れ間を有効に使うべく、ガラス温室(東)から開始した。今回のターゲットはコナジラミとダニ。幾つか薬剤を混ぜて密度を落とすのが目的。勿論、いなくなれば言うことないが、奴等もそう簡単にギブアップするとは思えない。少しでも生き残れば、またすぐ勢力を盛り返し花に被害をもたらす。 bomb

とくにコナジラミは最も手強い害虫のひとつで、バイオタイプQというどんな薬をもってしても退治することができないスーパーインセクトが発生している地域もあるという。虫と人間との知恵比べでもある薬散だが、分が悪いのは後者なのかもしれない。toilet  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か元気ないなーって思ったら・・・!

暫く前から温室の一区画(約100坪)のガーベラたちが元気が無い。葉もツヤがないし草丈もいまいち伸びてこない。同じように管理している隣の品種は2年株なのに元気ハツラツ、花径も大きくステムも硬くなってきた。価格は安いけど出ないよりはいい。

他の場所もほぼ順調で大きなトラブルは感じられない。何故あそこだけ?設定も変えてないしおかしいなと給液チューブを見てみると「おやっ?ドリップ孔が湿っていない。下の土もカラカラに乾いている。もしや・・・」

あわてて制御盤を覗いてみると「アチャー!2番(問題の箇所)だけ給液ストップになっているじゃあーりませんか?」何かの拍子でスイッチがオフになってしまっていたのだ。コレはたまらんと慌てて手動で養液を流し、スミホースで灌水もしてあげた。すぐには改善されないかもしれないが、月が替わる頃から必ず良くなってくるはずだ。

まさかのアクシデントというか自分で撒いた種というか、とにかくこれからは給液コントローラーを良く確認することにしよう!

100420_095901

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知っているようで意外と知らないガーベラ豆知識(PCの現実)

以前にも書きましたがPCというのはP(パッキング)C(センター)のことで、各生産者から持ち込まれたガーベラをその日の内に、1本、1本キャップを掛けて10本ずつ束ね、それを10束、合計100本(大輪は5束・50本)を箱詰めする作業をしています。

一日の最大処理量は約700ケース程度ですが、マシントラブルとかパートさんの急用とかを考慮して600~650ケースを想定しています。もちろん人数が確保できない時は、処理本数も減少しますから、それら諸々の条件を勘案して、日曜日に各自へ次週の総量規制の数値が連絡されるようになっているのです。

[総量]というのは、その生産者がその日にPCへ持ち込んでも良い本数の上限値を指し、それを越えた場合は各個人で箱詰め処理をしなさいというルールになっています。お彼岸から母の日前までは余程改植を早めない限り、PC持込量の2倍程度の家庭手掛けが待ち構えているのが現状です。

コンテナに入れてバラ持込されたガーベラは、備え付けのカードによって生産者・品種・処理本数が瞬時に事務所のパソコンにデータとして収集され、出荷日ごとに精算される仕組みになっています。ピーク時には1回の出荷で2,000ケースを越える日もあります。

こうして農協の販売担当・PCパートさん・生産者のそれぞれが努力、協力することによって[浜松PCガーベラ]は成り立っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助っ人登場!

今日は袋培地を搬入する作業を終わらせる為に、かつてうちで研修した○シ○ロ社員の新○くんを助っ人に呼んである。

にもかわらず、それを妨害するかのように私に仕事を言いつける嫁。生垣用の苗木を植えて欲しいとのたまった。勿論、イヤとは言えず完璧に仕上げて気が付いたら8時過ぎ。慌てて朝食を取り、出掛けようとしていると今度は山中隊長から連絡が入り、急遽PCへ。品質検査の結果報告をメールで流し、やっとお役ゴメンとなり現場へ。

待ち構えている助っ人と黙々と搬入作業を遂行。昼飯もそこそこに頑張った結果、なんとか並べ終えることができた。

持つべきものは頼りになる友人であると切実に感じた1日であった。

100418_173301_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱者の立場から物申す!

天候不順、季節外れの寒さの影響で春野菜が高騰しているという。農水省は出荷の前倒し(収穫適期より早めの出荷)や規格外品まで市場に出すようにと全農へ要請したそうだ。

ちょっとおかしくないですか。高いって言ったって高々例年の2倍くらいでしょ。それもずっと前からではなく、ここ数週間の話じゃないですか。少しぐらい野菜農家にも美味しいところを味わせてやってもいいんじゃねぇって思いませんか?

消費者団体からは「価格の高騰があまりにも大きい」だとか「便乗値上げが心配だ」などという[そちらの都合]的な意見が多過ぎる気がするんですけど?

いくら天気が悪いって言ったって春らしい暖かさがやってくれば、野菜の生育だって順調になり量だってまとまると予想されます。もう少しだけ我慢すれば各産地から例年並みに出荷されて、価格は落ち着くどころか一気に下落するのは目に見えています。

消費者の皆さんって高いと文句言うくせに、安ければニンマリとはするけれど農家が可哀想だなんて思わないでしょ!基本的に勝手なんですよね。生産者の苦労なんて考えずに、ただ自己中な意見だけおっしゃるのは間違ってると思うのですけど。

今の時期、ピーマン・キュウリ・トマトなどの夏野菜は少なからず加温しているはずです。あの高い重油を使って。そういうことを理解しようとせず、ただ闇雲に「価格が高い!」と連呼するのは如何なものか。

野菜だって花だって年間通せば安い時期の方が圧倒的に多いんですから、少しぐらいの高値は農家への義援金だと思って買って下さいよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰るやいなや・・・。

一日の仕事を終えて帰宅。その時はそれほど悪くなかったように見えたのだが、食卓に着いて食べ始めた途端、嫁の鬱憤晴らしの[グチ口撃]が始まった。  thunder

お袋の通院・食事の準備・実家の掃除などなど「どれだけ私が苦労しているのか分かる?分からないでしょ!」的な文句が矢継ぎ早に繰り出される。ここで一言でも言い返そうものなら10倍になって返ってくるのは明白なので、じっと我慢。黙々と夕飯を食していると今度は「何も言えないでしょ!」とダメを押された。 coldsweats01

嫁の言い分は分かる。実の親でもないのに何でこんなに一生懸命世話しなくてはいけないのか?面倒見てあげているのにお礼の一言もなく、当たり前のような顔をされると頭にくる。 pout

本当にそうだと思うし気持ちも充分分かるけど、疲れて帰ってきて飯を食おうとしている時にあーだこーだ言われると折角の飯が不味くなる。「悪いのは俺かもしれないが、少しはそういうことも考えろよ!」と言いたいのをじっと耐えた。 bearing

嫁の[ガス抜き]は旦那の役目。親がいなくなるまでずっとこうなのかと思うと気持ちが滅入るが、それも致し方ない。嫁は悪くない。親も昔からそうだからしょうがない。結局、今のままで日々過ごすしかないのは承知しているのだが・・・。 down  shock  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャバネのお気に入り!懐かしの名曲シリーズ その1

いよいよネタが底をついてきたので、自分の好きな曲・食べ物・人物などについて熱く語るシリーズを勝手に始めることにしました。記念すべき第1回は名曲ということで採り上げたのは

http://www.youtube.com/watch?v=4SJC5XykIt0 

[高中正義 Blue Lagoon] 確か1980年くらいだったと思いますが、マツダのファミリアのCMで使われていたような記憶が・・・(間違いだったらゴメンナサイ)。

厚木にあった農場で実習があるとき、千葉の友人の車に乗せてもらってたんです。その車中で良く聴いていたのがこの曲の入っていたアルバム(名前は忘れました)。当時はカセットテープに録音したものでした。世田谷から厚木までのドライブに良くマッチしていたのを思い出します。

一緒に行った仲間の中には気になっていた女の子もいて、現地までの時間ははとても充実したものでした。今でもこの曲を聴くと20歳に戻れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天候は不順でも・・・。

4月も半ばというのに、この寒さは何?2月の方が暖かかったような気がするのは私だけでしょうか?[春に3日の晴れ無し]の言葉通り、周期的に天気が変わるのはいいとしても、こんなに寒暖の差が激しいのは地球温暖化の影響ですかねぇ?

それでも自然は正直。ちゃんと桜が終わるとつつじが咲くし、野山の新緑も日に日に鮮やかになり、目に優しく映っています。日当たりの良い所では、早くも藤の花が顔を出して、花房を伸ばす準備をしているようです。

たまにはのんびりと大地に寝そべって、流れる雲でも眺めながらボーっとするのも良いですよ!

100411_122501 こんなタンポポが咲き乱れる草原で、あの

子が作ってきてくれたお弁当をいっしょに食

べるのは最高っすね。

「あーんして!」なんて卵焼きを食べさせてく

れたり、「もう、子供みたい!」とか言いなが

らボクのほっぺたに付いている御飯粒をと

って口にいれる彼女。

お腹がいっぱいになったら、膝枕でうたた寝させてくれる・・・。

オヤジの妄想は留まることを知りません!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢中で観てた昔のアニメ!

始めてみたのはご存知、手塚治氏の[鉄腕アトム]。勿論、白黒TV。アトムの富士額そっくりと言われたことがある。(今は跡形も無いけど)ジャングル大帝・リボンの騎士・不思議なメルモなど手塚作品にはお世話になった。

スポーツものでは[巨人の星]。星飛雄馬、一徹、明子、花形満、左門豊作、伴宙太(字合ってる?)アームストロング・オズマなど主な登場人物の名前まで覚えてる。(今は昨日の夕飯のメニューさえ忘れてしまうのに・・・)[大リーグ打倒ギブス]なんて凄い器具作っちゃう一徹父ちゃんは、卓袱台ひっくり返すだけじゃない。

数々の魔球やそれを打たんとするライバルたちの努力を目の当たりにして、幼少の自分も頑張ってジャイアンツに入るぞ!と真剣に思っていた。その想いは中学に野球部が無くてあえなく挫折。野球の次に好きだったサッカー部に入部したのがそもそもの始まり。[赤き血のイレブン]の影響も大きかった。この後、[キャプテン翼]までサッカーアニメは無かったと記憶しているが。

他にも[魔法使いサリー]、[ひみつのアッコちゃん]、[みなしごハッチ]など、まあ良く観たもんだ。そうそう、[あしたのジョー]も忘れてはいけない。単行本も買った。単行本といえば[キャンディ・キャンディ]も古本だけど全巻そろえたっけ。何故って、ずっと片想いだった女の子がテリュース・G・グランチェスターという登場人物(少し不良っぽい男で、後に舞台俳優として活躍する)が好きだと言うので、どんな奴か研究してやろうと思った訳で。(単純でしょ?)そうしてちょい悪イケメンに惹かれる女心を学んだっちゅーことですわ。

こうしてみるとアニメって、後の人格形成に結構影響してるなあって思う。[オタク]とひと括りにされてしまう人たちの気持ちも少しは分かるってもんよ。いい歳こいていても夢中になれるもん。さすがに美少女フィギュアを集めたりする気にはなれないけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに80%を越えた!

皆さんは着るものを何処で購入するのかな?デパート・専門店・カジュアルショップ・○マムラ・○ラマツ・○サオヤ・・・。(ローカル過ぎて知らないっしょ!) sports

自分も一昔前まではそれなりのお店で新品を買っていたんですけど、ここ数年はそのほとんどを古着屋の○ング○ァミリーで仕入れております。今日も仕事を早めに切り上げて[セール]に行ってきました。 boutique

ここの魅力は掘り出し物探しができること。上手く行けばブランド物の少し着込んで味が出て来た服が安価で手に入れられます。それを探し出すコツは既に持っているものと合うかどうか、また自分に似合うかどうかや着心地なども重要なポイントです。また値段も安くセール中は5点以上纏め買いすると半額だったりするし、普段でも古着に見えない質の良いものをゲットできるのです。 yen

作業着から普段着まで(安さにつられて)買い続けていたら、とうとう手持ちの8割方が[ユーズド]になってしまいました。買ってすぐ着ても昔からあった服のように見えるのもお気に入りポイントです。鞄や帽子などの小物も良いものあるし、ホントお薦めですよ!ただ、神経質な(何処の誰が着てたかわかんねぇような物は嫌だというような)方は新品をお買い下さいませ。 dollar

安上がりでファッショナブル。お金に余裕の無い[ちょい悪オヤジ]には持って来いの古着屋活用術をご紹介致しました。 denim

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ忙しくなって来たーっ!!

先週から相場も順調に?下がり、[いつものところ]に落ち着いた。まるで改植予定を先延ばししている自分の背中をポンと押すように。ここまでくればもう未練は無い。良い花だけ採って人にあげたら即、植替えモードに切り換えだ! down

先に出荷を止めた品種の場所は畝上げの途中で作業が止まっている。早くしないと袋培地第2陣が来てしまう。分かっているんだけど一人じゃできることはしれてる。体中が痛くても他にやってくれる人などいない。のろまの亀のように少しずつ進めて行くしかないのだ。 snail(ってゆーか、カタツムリじゃん!)

手掛けが減って来れば、もう少し作業スピードは上げられるのに・・・。今年は手を抜く所と抜かない所を割り切ってやろうと考えている。土から離れる場所では[薬]の力を借りるし助っ人(来てくれるかな?)にも頼る。1人じゃ埒が明かないことでも、力を合わせれば不可能が可能になる。 scissors

作業スケジュールと睨めっこしながら、優先順位を付けてこなして行こう。良く寝て良く食べて、ストレスが溜まらないように気を付けてガ・ン・バ・リまっしゅ!皆さんも無理しないで、適度な運動と気分転換をして疲れから来る不注意で怪我しないように気をつけませう! good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい顔・顔・顔・・・!

中学時代のサッカー部の顧問だった先生が定年退職されて、第2の人生を歩まれることを祝う会が盛大に開催された。幾多のオファーを(サッカー部だけに)全て蹴って、予てから趣味として習っていた蕎麦の道を究め、ついに移転して建てた新居でお店を始めるとのことだ。

地元の料理屋には6学年、約40人余りが集まり、当時の逸話・秘話に花を咲かせた。ちょうど我々が入学するのと、同じ年に先生が新卒バリバリで赴任してきたのが全ての始まり。後で分かった話だが、彼の専門はバスケットでサッカーは素人同然でルールさえ危うかったらしい。だから舐められてはいかんと、容赦なく鉄拳制裁をくらわせていたようだ。(今だったら間違いなくクビだけど、昔はそれが当たり前だった)

連帯責任と称し少しでも練習態度が悪い奴がいると、その学年全員学校近くの坂の上にある通称[三角]コースを何週も走らされた。苦手だった長距離も人並みになったのは、そのシゴキのおかげ。理不尽な行為でも不思議と腹は立たなかった。というより恐さの方が先に立ったのを昨日のことの様に覚えている。

頂いた名刺によると、お店は近年開発が目覚しい新興住宅地の一角にあるらしい。固定客が付くまで大変だと思うが、そんなに儲けなくても食べていくだけなら何とかなるんじゃない。いろいろ世話になった御礼方々顔を出すつもりでいるが、改植が済むまでは・・・。先生の新しい旅立ちにエールを贈ると共に、今日集まったみんなが健康で充実した生活が送れるように祈りたい! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コマッタちゃんのシゲオくん!

シゲオくんは大正生まれの85歳。今も現役で畑仕事をこなし、車の運転もします。耳は遠いけど、ご飯も普通以上に平らげ相撲と演歌が大好き。(オンチだけど)

俺が就農し立ての頃は、しょっちゅう大喧嘩してぶつかってた。ジェネレーションギャップは埋めようも無く、何かにつけて意見が合わずハウスの外まで罵声が響いていたっけ。

俺には俺のやり方ってもんがあって、「言うとおりにやってくれないなら自分でやる」と親から道具をふんだくったこともあったなあ!

そんな親父もここ数年はさすがに衰えを隠せず、何もしないでTVや本を読んでることが多くなった。身体に悪いから我慢させていた煙草も、(先が短いのだから)好きなようにやらせたら昔以上にスパスパになっちまった。

車の運転も危なっかしくて、修理してきれいになったなあと思った矢先に傷だらけになっていることが多い。田舎の暮らしは足になる車がないと成り立たない。他の人の迷惑にならない(もう既に充分なってるか)うちに止めさせたいのだけれど、本人にもプライドがあってなかなか言うことを聴いてくれない。

自分で傷つけるだけならいいけど、他人を傷つけたりしたら取り返しがつかなくなるからなあ。今日だってミカン畑の傍の側溝に前と後ろ両方はまって、近くにいる人から連絡もらって現場に駆けつけ、どうにか脱出できたけど、これで4回目ぐらいだぜ、全く。いい加減にしておくれってんだ。

そうは言っても親は親。無下に邪険にもできないし・・・。ほんと運転と(煙草の)火の取り扱いには、充分に注意してもらわないと困ります。これからあと何回ジャッキや道板持参で駆けつければいいんだろうか?自損事故ならまだいいけど・・・。

とにかく面倒看きれないことが多いけど、我慢できなくなるまで頑張ってみるよ!だからシゲオくんもあんまり[オイタ]しないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ヵ月のブランクは・・・。

scissors天候に恵まれなかったり、部会の用事などで不参加が続いていたサッカーの練習に行って来た。2月上旬に行われた花き業界フットサル大会以降、左太腿部裏の筋肉痛が長引いて大事を取っていたこともあって、ほぼ2ヶ月ぶりのボールの感触を味わった。 soccer

この歳で2ヶ月ボールに触らないでいると、元に戻るのに最低でも数週間は掛かる。案の定トラップが大きくなったり、コントロールしたつもりのパスがどっかへ行っちゃったり、挙句の果てはゴール前の絶好のパスをふかしちゃったり・・・。まるで素人みたいなプレーに終始してしまい、[穴があったら入りたい]って感じだった。 down

昨日、日本代表にこっ酷くダメ出ししたのに、これじゃあ逆に笑われちまう!せめて数ヶ月前の体調と試合感、それにボール感覚を思い出さないと、試合をしてもコテンパンにやられてしまうだろう。 hospital

もっとも改植が終わらないうちは試合には出ないと決めたから、その間は仕事優先で取り組もう。まあ7月から出られればいいや。あとは怪我だけ気を付けてやっていこう!50のオッサンでもこれくらいはできるんだぜ!と若い衆の鼻を明かしてやりたいものだ。 scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志は高くても・・・。

サッカー日本代表のセルビア戦。まあ、あんなもんかなってのが正直な感想。身体能力の高さを買われて抜擢されたCB栗原はポジショニングと読みの悪さ、経験不足を露呈。相手のFWに簡単に裏を取られ失点した。think

2点目はオフサイド臭かったが主審の判定は絶対だし、条件は同じだから言い訳は出来ない。後半の3点目はFKを楢崎が防ぎ切れなかったもの。良い時の彼なら・・・。weep

チャンスはかなり作ったし、決定的な1対1の場面もあった。でも決められないのがランク16位と45位の違いか!(しかも相手は2軍) bearing

遠藤も調子を落としているし、俊輔も中澤もピークを過ぎている。局面を打開するFWもいない。現状ではW杯へ向けての明るい材料は見当たらない。しいて挙げるとすれば本田の一発に期待するぐらい!?down

今さら小細工しても仕方がないから、現有戦力でベストな人選をするしかない。あらゆる場面(劣勢がほとんどだから)を想定して、必要な駒をチョイスする。あとはすべて監督の責任。この試合からも分かるように、世界で4位以内に入るなどという[夢物語]は何処かに置いといて現実路線を歩んで欲しい。angry

志が高いのは悪いことではないが、いつまでも甘い夢ばかり見ていると必要な準備もできないまま本番を迎えてしまいそうで恐い。時間が無いという理由でクビが繋がっている指揮官と衰えを隠せない主力選手たちに、我々は何を期待すればいいのか? pout

世界トップレベルのサッカーを目の当たりにすること、対する日本のチーム力は如何ほどなのかが把握できること、いくらスポーツといえども国と国が戦うと言う事は、ルールのある戦争なのだということを再確認できるだけで[良し]とするか! shock

6/14(月)のカメルーン戦まであと67日。観たいような観たくないような・・・。 sad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何じゃこりゃあ!

100406_120801 「何じゃこりゃあ!肥料か?それとも堆肥?それにしても沢山あるなあ!」

そうお思いの方が多いと思いますが、これは今年の改植で面積を増やす[袋培地]です。

今までは写真奥の重油タンク側の半分(約100坪)で様子を見ながら恐る恐る栽培しておりました。

4年を経過し、大まかな状況判断が何とかできるかなというレベルまで辿り着いたので増設することにした訳です。

セールスポイントは、隔離(栽培)の中では低コストでできること。養液土耕のシステムがそのまま使えて、(栽培)感覚もそれに近いこと。ベンチアップせずに畝の上に培地を置くだけで[土]から離れられること。などが挙げられますが、反面、培地自体が重く植え替えが大変で、培地消毒のノウハウが今ひとつ確立されていないことや、廃液を流すので畝間に水が溜まり易く、一鉢に病気が入ると同じ袋の上にある他の鉢(1袋当たり4鉢)にうつり易いことなどの欠点も指摘されています。

自分もずっとこの方法で作っていくつもりはなく、[一時的緊急避難]の意味合いで導入します。「だったら他の方法でやれば・・・?」というアドバイスも頂きましたが、家庭内労力・経済力・栽培力等を検討した結果、このやり方に落ち着きました。

これが正解か否かは今秋~来年になれば見えてくるでしょう。たとえ失敗しても自己責任ですから言い逃れはできませんし、するつもりもありません。政治家さんが良く使う[不退転の決意]をもって臨みたいと考えております。

経過は随時このブログで紹介して参りますので乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

21年度総会終わる!

100405_201601

昨日(4/6)平成21年度浜松PCガーベラ総会が無事終了した。

県・経済連・農協などから来賓を迎え、議案が粛々と承認された。

厳しい経済状況から花の消費も低迷を続け、大手花き販売部門の身売り話も珍しくない状況は、生産者には如何ともし難い。

我々にできるのは、健全な株を維持し、1本でも多くガーベラを出荷すること。それがコストダウンに繋がる唯一無二の方法。

1人で悩まないで仲間に相談すれば、より良い解決策が見つかるかもしれない。部会の利点はそこにある。

十数年前、それまでの一輪菊栽培からここにお世話になると決めた時も、暖かい励ましと適切なアドバイスがあったことを思い出す。

毎年この総会に出席する度に、その年度の反省と次年度の抱負を胸にして、気持ちを新たにしている。[毎年一年生][初心忘れるべからず]の言葉を肝に銘じて、今年も改植に臨む。

部会員個々の栽培状況・センス・懐具合はさまざまで、ひとつ歯車が欠ければすぐさま悪循環に陥る危険は全員にある。決して驕ることなく謙虚に自分の経営を見つめ直し、必要な投資は怠り無く、余分なお金は始末する。これができれば苦労はないのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くつろぎのひと時!

班長の引継ぎも終わり、持ち回りの荷物も渡してようやく[お役目]から開放された実感がある。月に2回の定例会合(広報・チラシ・連絡事項の確認など)と集金(大変だった)、お祭りの準備等々、何だかんだで日曜日がかなり犠牲になった。sad

今年度はそれがないだけでも気が楽だ。親の事はあるけど、ある程度仕事(改植)にできる。新しく入ったパートさんも嫁と気が合うようだし、何より良く働いてくれる。手間は足りないが、知り合いを日雇いしたりしながら何とか6月末には植え上げてしまいたい。smile

そういう仕事の段取りから離れて家でのんびり出来る時は、サッカー中継でも観ながら[じゃがりこ]をつまむ、これ最高!もう少し暑くなったら[とぴあのお茶]か[ミカンジュース]があれば言うことなし!(何ももらってないですよ)wine

今シーズン、勝ち星の無かったセレッソとジュビロにもようやく勝ち点3が記録されたし、これから益々面白くなっていきそうな気がする。さらに6月にはW杯も控えている。たとえ結果が伴わなくても、日本国民ならば岡田ジャパンを応援すべし!TVの前で興奮のあまり、我を忘れて絶叫している自分と嫁の姿が見られるように頼むぜ岡ちゃん!soccer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ奴らが動き出す!

季節外れの寒波襲来で、冬支度からなかなか開放されないハウス管理。勿論2、3重被覆もそのままだが、そうはいってももう4月。[南高北低]の春型気圧配置になればグッと気温も上がって、いよいよ着込んだ物を脱ぎ去る時期も近そうだ。

褄やサイドの固定張りを上げて本格的に換気をするようになると、外から[招かれざる客]が入ってくる。いや、既に天窓から侵入してきている。アブラムシ・マメハモグリバエ・コナジラミ・ダニなどの害虫たちだ。

ここ数週間でハウスの場所は異なるが、今挙げた[手強い相手]が活動を活発化している様子が伺えるのである。こちらが少しでも気を抜けば、一気に増殖してやろうとチャンスを狙っているのが分かる。

そこで活躍するのが[トラップ]。いわゆるハエ取り紙の要領で、微小害虫を貼り付けて動けなくしてしまう罠を設置する訳である。

100403_172501_2                            上から吊るしたりするよりも、害虫が多くい

る植物体の傍に設置したほうが、より効率

良く捕獲できるので部会の一部で(小さな)ブームになっている?!

大量発生してしまった場合にも、この方法

で成虫の密度を下げてから薬剤散布すれ

ば、被害を最小限度に食い止めることが 

可能だ。

いずれにしても、また[我々と虫たちとの知恵比べ]が始まろうとしている。こういったさまざまな方法を用い、農薬だけに頼らない栽培をしようと努力していることを分かっていただきたい。                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボロでも頼りにしてるぜ!

いよいよ植え替えシーズン到来!数日前から灌水パイプやら給液チューブを片付け始めていた場所を株ごと打ち込んだ。

しばらく消毒から遠ざかっていただけに、ダニやウドンコが目立つ。部分改植のため、一刻も早く[抹殺]する必要があったのだ。

ハウスの両端はどうしても耕し難いので、数株ずつ取り除き畝を均しておく。午前中にそこまでの準備が整ったので、昼過ぎからトラクターによる耕運作業開始。約一年ぶりの登場となるこいつは、おいらが結婚する前から活躍しているベテランなのだ。それ故ロータリーカバーもボロボロで、窪みができてしまうほど。タイヤはひび割れバッテリーが上がる時もしばしば。パワーもお世辞にもあるとは言えず、エンストしそうになるとクラッチを踏んで騙し騙し使っている。

今日も何回どおりか繰り返し耕して、どうにか見られるようになった。もっといい奴があれば・・・と時々思うが、一年に数回しか使わないし、ゆくゆくは土から離れる可能性もあるということで、我慢しているのだ。とりあえず壊れるまで使って、あとはレンタルで凌ごうと考えている。

100402_153001

これが噂のボロトラクター。

輪菊で飯を食っていた頃からの相棒だ。

あと何年持つか?

壊れたら誰かに借りるからいいよ~んだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜デート!

嫁が戴いて来たフラワーパークの夜桜入園券を使って、束の間のデートを楽しんで来た。西門の傍の○巳くんのハウスに車を置かせてもらっての[節約]嫁孝行だ。

いつもより早めに仕事を切り上げ、寒さに備えてほぼ真冬の出で立ちで出掛けた。18:30の開園を待ってゲートをくぐる。平日の夕方、まだ明るさが残る園内は人影もまばらで、ゆっくり桜を楽しむにはうってつけ。

昨秋のモザイカルチャー以来の公園内は、さまざまな品種の桜花とチューリップで見事に彩られていた。次第に暗くなるにつれライトの灯りが満開の桜を浮かび上がらせる。何年かぶりで腕を組んで歩く中年カップルは、他人の眼にはどう映っているのだろう?(これだけ暗ければ誰だか分からないからまあいいか)

少し小腹が空いた(夕飯前なのです)ので、モザイの時[木を植える男]が展示されていた付近の露店で[広島焼き]を買って二人でつついた。今日はそれほど混んでないが、週末は大変な賑わいになるのは間違いなさそうだ。

正面ゲートから西側にしばらく下って来た所の池には神々しいまでの桜が映っていて、何か精霊でも現れそうな雰囲気。風がないので鏡のような水面に逆さに映し出されるその姿を観ていると、不思議な力で吸い込まれそうになる。こんなに美しい光景は初めてだ。

100331_181201 かなり薹の立った桜の精霊?

100331_192101 吸い込まれそうな水面に映る桜

若かりし頃を思い出す意味でも、たまにはこういうのもいいかな!なんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHOW MATSUI 恐るべし!

21,年度最後の日。手掛けも思ったより少なくて早めに終わったので、今日を限りに他の支店に移動する女の子に余った花を束ねて持って行った。present

そしたら、な、な、何とそこへ久○くんのお父様が颯爽と乗り付け、とても立派な(何処かのお店のものとしか思えない!)花束を渡しに来たところに出くわした。なんでも地元の支店勤務時代からの顔見知りなのだそうだ。sign02

女の子曰く「私、SHOWさんの愛人なんです!」大人のジョークだとは思うが、浅からぬ関係と見た。「○井昭、恐るべし!」 coldsweats02 sign03 

そのお陰で、(私の)手作りのちっぽけな寄せ集めの花は一層貧弱に見えてしまったが、呼び出す手間が省けたから[良し]としよう。down

[まだまだ修行が足りない]そう思い知らされた出来事であった。「上には上がいるぜ」crying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェルカム新年度!

今日から4月。新年度のスタートです。学校も5日ぐらいから始まるのかな?桜もギリギリ残って花吹雪の中の入学式は絵になりそうですね。新しい学校、新しい先生・友達たちと仲良くなって楽しい学生生活を送って欲しいものです。

良く聴いている FMでも新しいナビゲーターが入ったり、番組がリニューアルされたりで本当に新鮮な感じがします。慣れない内は多少の違和感があるかもしれないけれど、ひと月も経たないうちにずっと前からやってるようになるから不思議です。今年度もいろんな曲との出会いがあるといいなと思っています。

部会の方も6日に総会があり、新役員での体制が始まります。4/18のガーベラ記念日に向けてのイベントやフェアもあり、忙しい新年度となりそうな気配です。仕事面では改植が遅れないように段取りをしっかりして、少しでも早く苗が植えられるように準備を怠りなくやっていきたいです。

個人的には嫁と協力し合って、仕事と親の世話を両立できればと考えています。でも何が起きても可笑しくない世の中ですから、何か大きな出来事やアクシデントに見舞われそうな気もします。まあ、あれこれ考えても仕方がないので、今、やるべきことに全力で取り組む姿勢だけは崩さないで行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »