« そういえば・・そんなこともありましたっけ? | トップページ | [巣ごもりっち]増加中!? »

作る物が違うと・・・。

私、24で就農して後継者育成資金を借りてハウスを建てたのが1985年(昭和60年)。それから10年以上、施設菊で生計を立ててました。夏はシェード栽培(短日処理で花芽をつける)、冬は電照(長日にして花芽がつかないようにする)栽培などで年2.5作ぐらい回転させてたかな。

下から途中まではやや細く、中間から花首下10cmぐらいまで徐々ボリュームアップさせて、最後天葉をややコケ気味にすると理想の草姿になります。ゴツからず細からずが最も良いとされていました。下部を細くあげることで下葉の枯れあがりが防げ、尚且つ上部に太みをのせやすいとされていたように記憶しています。

今は差し穂をそのまま本圃に植えてポリ等で被覆して発根を促す[直挿し栽培]が主流ですが、昔は育苗床に穂を挿して発根させ、それを植えていたので苗を作るのにも時間と手間が掛かっていました。さらにそれをピンチ(芯を止めること)して脇芽を伸ばすやり方だったので、1本植えに比べてかなりの日数が掛かっていました。

苦労して仕上げた自信作も、その時の相場が低調なら高く売れません。それまでの工夫や手間が無駄になるような虚しさを幾度となく味わってきました。予約相対が取り入れ始めた現在ではバカ値はないものの、ド安いこともなくなってある程度計算できるようになってきたみたいです。

そんな菊作りに情熱を傾けていた若かりし頃の仲間(ほとんど先輩方)との懇親会があって、久しぶりにその当時の事やここでは書けないようなエロ話に花を咲かせました。傍にいても作目が違うと、なかなかじっくり話す機会はなく、挨拶程度になっていたので貴重な時間となりました。たまにはこんな飲み会もいいと思い直した、少し肌寒い卯月の夜の出来事でした。

|

« そういえば・・そんなこともありましたっけ? | トップページ | [巣ごもりっち]増加中!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1259840/34358891

この記事へのトラックバック一覧です: 作る物が違うと・・・。:

« そういえば・・そんなこともありましたっけ? | トップページ | [巣ごもりっち]増加中!? »