« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011総決算!

今年も今日で最終日。新しい年を迎えるその前に2011の総決算をしておきましょう。

何といっても忘れられない、否、忘れてはいけないのが3.11の東日本大震災。現地の惨状を記録した映像は我々の想像を超えたものでした。

さらに原発事故が拍車を掛け、安全な自然エネルギーを有効活用した発電が一段と脚光を浴びるようになりました。

この今年起こった悲しい出来事は決して風化させてはならない、何年経っても語り継がれるようにしなくてはいけないことだと思われます。

大震災以降、景気の落ち込みや風評被害、そしてTPP参入と農業で飯を食ってる人間にとっては辛く厳しい状況が続き、いつになったら光明が見えるのかさえも分からない深い闇の中にいるような気持ちの人も大勢いるのではないでしょうか。

難しいことは分かりませんが現状に腐るのではなく、自分に出来ることに気持ちを込めて全力で取り組む、そんなことの積み重ねがきっと未来を開くのだと自分に言い聞かせ進んでいくしかないと思うのですが。

私自身も、非常に厳しい現実に何回も打ちのめされそうになりましたっけ。でもその度に立ち上がることが出来たのは、家族、そして仲間との強い絆があったから。落ちるところまで落ちたら後は上がるしかないって開き直れたのも、周りの人の暖かい励ましや心遣いがあればこそ。

人間て本当に弱いけど、意外とシブトイ生き物であることも確かですよね。皆で力を合わせれば来年は、来年こそは笑顔の絶えない年になると信じたい。

YES,WE CAN!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は採らなくて良いかも!?

例年30日に行う調整採花(咲き過ぎ混入防止を目的に、その日の時点で花採り適期のものだけ収穫すること)だが、今年は殆ど必要ない可能性が出てきた。

昨日、薬剤散布しながら見た感じでは咲いている花は極端に少なく、直送用の2ケース分(200本)を採るのに苦労したほど。

品種にもよるが、昨年までのように幾つものコンテナにいっぱいの花という訳にはいかなくなりそう。お世話になった人、毎年楽しみにしてくれている人など限られた方にしかお分けできなくても、それはそれで仕方の無いことと割り切るしかないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年の瀬に衝撃の事実発覚!

作日から花採りは暫くお休み。少しだけのんびりモードの中、年末恒例の冷蔵庫の大掃除を品質委員会メンバーで実施。ダンボールを持ちに来ていたKくんも飛び入り参加で助っ人として活躍してくれた。

そのKくんから「ぼくの家の近所でチャバネさんが奥さんと別れたらしいという噂が広がってますよ」と本人も知らない衝撃の事実が発覚!

そりゃあ確かによく喧嘩もするし夫婦円満とはいえない部分も多々あることは認めるが、知らない間に離婚していることになっていようとは・・・。

嫁に話したらほくそ笑みながら「まだハンコは押してないって言っとけば」だって。冗談じゃ済まなくなるから火に油を注ぐようなことはするなよっての!

いったい何処のどいつが何を根拠にデマカセを触れ回ってんのか、恐いわホンマ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

止め市用出荷終了!

2011年最終採花が終了した。このところの低温と暫く前の不順な天候が災いしてか、例年より少ない出荷量が続いている。そのせいか相場も強含みのまま年の瀬を迎え、今まで泣いてきた生産者の気持ちとしては「来年もこのまま行くところまで行ってしまえ!」が本音なのではないか。

初市用採花までしばらく(たった4~5日の)休みとなる訳だが、完全休養など夢の夢、何かと用事があって身体は休まりそうにない。

それでも子供たちも正月休みで帰って来るし、朝は少しのんびりできるので(気持ちは)少しリラックスできるかなといったところか。[貧乏暇なし]を地で行く私にとっては、ちょうど良いのかも知れない。

元々オンオフの切り替えがヘタクソな方で、完全にオフモードにしてしまうと復帰させるのに物凄く時間が掛かるので、休みでも(パソコンの)スタンバイ状態にしておかないとだめなのだ。

実家と我が家の窓拭き・調整花採り・出荷箱作り・薬剤散布ぐらいできれば御の字かな。あとは年越し蕎麦と雑煮が食べられればそれで良い。

家族全員が健康で元気に過ごせれば[福]は後から付いてくると思って頑張ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝ったから良しとしましょう!

例年なら11月中には終了している社会人サッカーリーグ戦。ところが今年は諸事情によりこの時期になっても継続中で、最終戦は何と来年にずれ込む模様。

春から初夏にかけては改植等で、とてもサッカーどころではない私にとっては、試合に出られるので好都合なのだが如何せん今日は寒過ぎる。

日曜日の細江Gは時折小雪の舞う極寒のコンディション。アンダーウェアを着ないと50過ぎにはしんどい。しかも9人しか集まらない。相手も同じ状況だったので何とか試合にはなったが・・・。

こういう時悪いことは重なるもので、試合開始早々から左足太腿裏に違和感を感じ、前半終了時には軽い肉離れ症状に。交代しようにも9人ではどうしようもないので、後半も騙し騙しやることにしたが、そのうちに右足も・・・。

ろくにウォーミングアップしないで本番に臨む自分が悪いのだけれど、それでも昔は大丈夫だったのになあ。そんなこんなで試合の方は辛くも1点差で勝利。これで気分良く年が越せるというものだ。

肉離れの両足は痛いけれど、気分は晴れ晴れとしたホワイトクリスマスとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イブは鰻で決まり!

連休中日の土曜日、久しぶりに帰省した息子と嫁と3人で鰻を食べに出掛けた。

行った先は週末の夕方を中心に嫁が外貨を稼ぎに行っているS。前々から子供たちと食べに行こうと話し合っていたもので、たまたまそれがクリスマスイブになったのだ。

鰻そのものの高騰で値上げされるらしいとのインサイダー情報を得たので、その前に食っておこうというセコイ了見も味方したことは内緒にして欲しい。

味とボリュームに定評のあるこの店は、全国各地からわざわざ食べに来る客がいるほどの名店なのだが[イブに鰻]とはあまり考える人がいないようで、殆ど貸しきり状態でのんびり堪能できた。

皆さん、鰻をゆったりのんびり味わいたければイブがお奨めですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一キャップ掛けし難いガーベラ!

空気まで冷え切っていて痛いと感じるほど今年も冬本番の寒波がやって来た。それと共にガーベラの花弁も硬くなり、散り易くなっている品種も見られる。

それでも普通の花型ならキャップを掛けるのもそれほど難しくないと思われるが、私の栽培しているフルダブル(八重咲き)は一手間も二手間も掛けてやっと調整する[超難儀な奴]だ。

秋頃まではちょっと工夫すれば上手く掛けられる程度であったのだが、今は輪形も大きく花弁もドーム状に反り返り、ハナから白旗を揚げたいくらい。

大キャップでも入れられないものは特大を使い、弁を折りながら必死の思いでどうにか形にしている。これだけ面倒なガーベラは他には絶対ない。誰も作りたがらない訳がここにある。

こんなところで泣き言を言っても始まらないのは百も承知だが、こうすることで少しでも[ガス抜き]になればいいと考えた。

来週の水曜ゼリ(28日)が止めとなるが、最後まで気を抜かずにより良い品物をお届けできるように心掛けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やり残しのないように!

いよいよ2011年もあと1週間。このクリスマス3連休(我々は休めません)が過ぎると、一気にカウントダウン傾向に拍車がかかります。

「花採りは27日までだから・・・」と今年の仕事は今年の内にということで、残りの日々にやるべき事をはめ込んでいるところ。

子供たちの送迎や年始の準備(窓拭きとか)も手抜きはできません。なるべく早め早めに片付けていって、やり残すことのないように心掛けてはいるのですが、計画どおりに進まないのが世の常。予定外の用事が入ったり、葬式が出来たりして狂い出すスケジュール。

それでも短気を起こさず、後回しにしても差し支えの無いものはどんどん先送り。優先順位の上のやつから手を付けて今日も頑張るようにしています。

防除・ハウス管理・重油の手配・残りの苗代の支払いなどなど、うっかり忘れの無いように手帳と携帯のスケジュールの両方をにらめっこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[家政婦のミタ]観た?

評判につられて「最終回ぐらいは観ておこう」と、嫁の隣で観ていた。

菜々子さん演じるミタさんは動作も言葉もまるでロボットのよう。噂話をしているとスッと現れたり、業務命令に対し顔色一つ変えず「承知しました」としか言わない。まさに怪演としか言いようが無い。

無表情・無感情のミタさんも最後は微笑んだけれど、やっぱり不自然というか気味が悪いというか・・・。期待度が大きかっただけに「こんなもんか?」とちょっと拍子抜けだった。

それでも大台40%の視聴率をたたき出し、主題歌も100万ダウンロード達成だとか。年が明けたら今度はフジTV系で松潤と月9だってさ。松嶋菜々子恐るべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱドM!?

最近は寒いのでハウスから出るとあまり汗をかきません。そうなると齢のせいもあいまってトイレが近くなってどうしようもありません。

ミカンなんて食べたら「さっき行ったばかりなのに・・・」という感じになって、よくもまあこれだけ出るなあ!なんて感心しちゃうほど。

そんなわけで運動量の不足分を補うためと体温を上げるためにランニングをするのが習慣になってきました。最初はアレだけ苦痛だったのに、いまでは周りを確認する余裕もできて、走路途中の何処に何があるかが大まかながら分かってきました。

平坦地を往復するのに飽き足らず、最近では坂を下ってまた上る4キロ弱のコースも度々走っています。調子の良い時は上り坂でも平らな道と錯覚するくらいに順調に行けるのですが、そうで無い時は呼吸も荒く、足を引きずりながら死にそうになってもがくこともしょっちゅう。

そんな時でも走り終えた時の満足感と爽快感は、何物にも替え難いと感じています。「こんなオレって、やっぱりドM?」MでもSでもどっちでもええがね。要は健康第一。貧乏でも身体さえ丈夫なら何とかなるってことよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひょっとしてホワイトクリスマス?

このところ例年並みあるいはそれ以下の気温の低い日が続いている。天気は安定した冬型で、風は強いものの日差しはたっぷりあるのでまだ救われている。

それでも重油タンクの目盛りの動きは日に日に大きくなり、週一での給油も有り得るような勢いである。燃油をケチれば花が咲かず、思い切って加温すればお金が飛んでゆく。どちらを取るか、悩むところだ。

今日の夜遅くから天気が怪しくなり、明日は冷たい雨模様の一日になるとの予報。雨が上がると今度はこの冬一番の寒波が押し寄せ、週末は太平洋側の平野部でも小雪が舞う可能性もあるとか?

Wクリスマスは子供たちや若いカップルたちには受けるかもしれないが、花農家には敬遠されるのは間違いない。(気温と懐が)寒くても我慢するからお天道様だけは元気に顔を出して欲しいと切に願うチャバネであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界№1のサッカーを観た!

数日前にJ1王者の柏からスーパーゴール連発したサントスに何もさせない凄さがバルサにはあった。ネイマールもガンソもボールが渡らなければ何も出来ないということを実践で証明して見せたグラディオーラ氏の偉大さがしみじみと分かったような気がする。

バルセロナのサッカーは全員攻撃、全員守備。GKとてしっかりとした足技を持ち、攻撃の第一歩となるパスを出す。

FWも相手にボールが渡った瞬間から果敢にプレスに行く。パスコースを限定しながら相手を囲い込み、アッという間にボールを奪う。

攻撃は至ってシンプル。ショートパスを中心にボールを回し、スペースが無いなと思えばサイドチェンジするかバックパスで仕切り直す。そしてマークが甘い選手を見つけてはパスを出し、ゴールエリア付近から急にテンポアップ。ダイレクトかワンツーで守備の隙間を掻い潜ってゴールする。

簡単そうに見えて実は凄いこと。全員がチーム戦術を理解し、チームが勝つためのプレーをする。スーパースターのメッシやシャビ、イニエスタらでさえ我は張らない。圧倒的にボールを支配することでゲームの主導権を握ったまま試合を終わらせる。

個人で凄いなと思った選手は何人かいたが、チームとしてこれだけ完成された戦術で相手にサッカーをさせずに勝つのはバルサが初めてだと思う。

アニメやゲームの中だけの理想的なサッカーを現実化して見せてくれたバルセロナの選手たち、そしてチーム関係者に感謝の意を表したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよです!

今週末の3連休はちょうどイブイブからクリスマス当日まで、バッチリはまった正にクリスマス需要ウィークであります。

寒波の影響で花立ちがいつもより少ない中、それでも需要にはお応え出来る様に部会員には細かい採花基準が特別に申し渡され、それに準じて我々は1本でも多く出荷できるよう準備していくという訳です。

しかしながら、高単価が見込まれるからといって無闇に若採りすることは厳しく注意されますので、あくまでも適正切り前のなかでピークを何処に持っていくかを考えるのです。

全員の力を結集して皆様のご期待に沿えるよう頑張りますので、是非とも販売の方も宜しくお願いします。どうか無事に年を越せるよう、美味しい年越し蕎麦、そして笑顔でお雑煮が食べられるように、各市場さんで一層の努力をして下さると信じて仕事に励もうと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒すぎて・・・。

寒すぎて朝なかなか起きられません。日の出が遅くて暗いのも寝坊してしまう原因のひとつです。それでも齢を重ねたので、若い頃より目覚めは良くなりました。というより自然に目が覚めてしまいます(ジジイじゃん!)

寒すぎてタンクの重油が見る見る減っていきます。実温で16℃は最低でも欲しいので設定温度を下げる訳にはいきません。でも80円/ℓの重油を1キロリットル頼むと8万円が飛んでいきます。そのうち私の首も飛んでいきそうです。

寒すぎてインナーを暖かいもの(ヒートテックのような)に替えました。が、ハウスの中では熱くてどうも具合が悪いです。寒い作業場だったらちょうど良いのですが・・・。お蔭で鼻風邪を引いてしまいました。バカは風邪引かないっていうのはウソでっか?

(懐が)寒すぎて暗い年末年始になりそうです。満期前の定期積金潰して苗代を支払うことにしましたが、それでも足りず一部の業者さんには来年まで待ってもらいました。危機的な財政状況は夫婦関係にも悪影響を及ぼします。(金の切れ目が縁の切れ目?)

来年は明るい年になりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヤーエンドパーティー! 

部会恒例の忘年会がY君行きつけのお好み屋さんで盛大に開催された。花きセンター両センター長、担当2名、農林事務所・経済連各1名も参加、新進気鋭の若手たちが進行、余興も用意してくれて大変賑やかかつ和やかな宴となった。

3.11以降、明るい話題の少なかった花業界。来年こそは良い年に、もしくはそうなるきっかけを掴めるように皆で力を合わせて頑張っていかなきゃ!という気持ちになった。

飲む人、私のように食べる人、喋る人、みんなそれぞれ楽しそうだった。

2次会は、もう少し飲む人、目の保養に行く人、気持ち良くなりに行く人などなど、三々五々名残を惜しみつつの解散となった。

明日の結果報告が楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルサも凄い!

クラブW杯準決勝、バルセロナVSアルサッドをTV観戦。予想通りというか、その遥か上のレベルの強さをバルサに感じた。

決して弱い訳ではないアジア王者のアルサッドを嘲笑う様にボールを回す。何気なくパスしているようだがその速さは並ではない。速いパスで狭い隙間を縫うように通す。スペースが無いと見るや、逆サイドに正確なロングフィードで組み立て直す。

ボールポゼッション(ボールを保持している時間)は72%対28%と圧倒的にバルサがゲームを支配。アルサッドに攻めさせない組織的な戦術は見事というほかない。あれだけ自由に回されては守る方はたまったものではない。

選手もスペイン代表のビジャ・プジョル・イエニスタやブラジル、フランス代表がゾロゾロ。極め付けはアルゼンチン代表のメッシ・マスケラーノなどまさにスター軍団と呼ぶにふさわしい陣容。

4-0のスコアも致し方ないという感じさえする。前日のサントスも凄かったが、違う凄さがバルサにはある。これで18日の決勝戦は絶対見逃せなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントスFCは本物だった!

南米王者サントスFC、古くは王様ペレ、それから三浦カズも所属していたことのある名門クラブ。相当前からコンディショニングしてこの大会のタイトル奪取に照準を合わせてきたという言葉に偽りは無かった。

対するレイソルはこの12日間で4試合目という物凄いハードスケジュールにも拘らず、豊富な運動量と2人のブラジル人選手を中心とした攻撃で強敵に一歩も引かないガチンコ対決を見せてくれた。

サントスの3点は柏の守備云々ではなく、相手の技術が規格外に上回っていただけのこと。特に新星ネイマールは噂に違わぬ卓越したテクニックをいかんなく発揮し、観ている者に驚きを与えた。

先制ゴールの切り替えしから左足のループ気味のシュートは、どんなGKでも捕れないコースに狙って打っているのが凄い。

足裏を巧みに使うフェイントは幼い頃からフットサルで培ったものらしく、独特の間合いとボールタッチは日本人には真似できそうにないレベルのものと見た。トップスピードでアレをやられたらそりゃファールでしか止められんわ。

昨日の試合を観てバルサとの決戦がより楽しみになったチャバネであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これだけ重なる日も珍しい!

昨日は打ち合わせやら何やらで、ダブルブッキング×2で4件同日開催のメチャ忙しない一日であった。

午後一で農林技術研究所のT氏の研究結果を聞く会があり14時半過ぎまで、15時からはハイポネックスジャパンの方々と今後の打ち合わせ。終了後直ぐ帰宅して飯を掻き込み18時から部会の役員会。

いつもは最後の品質委員会活動報告を初めにやらせてもらい19時前に頓挫、19時からは自治会総代会と目の回るほどの忙しさを味わった。

さすがに頭の中を整理するのが大変だったが、一日で全て片付いたお蔭で今日のレイソルVSサントス戦が観られるので全て許すことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素晴らしい番狂わせ!

クラブW杯準々決勝、Jリーグ優勝で開催国枠出場の柏レイソルがメキシコのモンテレイにPK戦の末、4-3で勝利した。

正直なところ、善戦しても勝てないと思っていた(レイソルサポーターの皆さん、ごめんなさい)。開始早々の何度かの大ピンチを凌いだのが最終的な勝利に結びついたのだと思う。

選手たちの強豪に全力で立ち向かう姿勢が、勝利の女神を心変わりさせたようだ。なかでもレアンドロが相手のファールすれすれのチェックにキレルことなく、最後まで献身的にプレーし続けたのには感心させられた。

リーグ戦優勝の勢いをそのままこの大会にぶつけてこられたのは、選手の頑張りは勿論だが采配を振るうネルシーニョ監督の手腕によるところが大きいように思う。各選手の特徴を良く把握し、相手の嫌がる手を打つ。J2・J1連続優勝は伊達じゃないと言う事か!?

ここまで来たら南米王者のサントスにも一泡吹かせて欲しい気がするのは私だけではあるまい。体力的にも技術的にも順当なら勝ることは有り得ないのだが、トーナメントは何が起こるか分からない。

若きスーパースター、ネイマールだって人間だ。調子が悪い時だってあるだろう。それがたまたま14日に当たれば、ひょっとしてひょっとするかも?とにかくレイソルには悔いの残らない戦い方をしてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何もしない喜び!

先週の日曜日は散々だったけど、このサンデーは自治会もサッカーも何も無い。嫁が実家へ行くというので駅まで送ってからは、のんびりと休日を過ごすことにした。

いつもなら「掃除が出来ないから」と家から叩き出す恐妻もいない。窓から差し込む冬の日差しと電気カーペットの温もりを身体全体で感じながら、TV鑑賞。日本茶とお煎餅を味わいつつ、うたた寝も。

そのまま午前中はゴロゴロしていた。何にもしなくていい幸せを充分に味わえたので、明日からまた頑張れると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世紀の天体ショー!

「夕方は満月だったのに、今は半月から三日月に近くなっているのは何故?」

「それはね、今夜は地球の影に月がすっぽり隠れてしまう皆既月食だからなんだよ。」

ということで楽しみにしていた方も多いことであろうが、残念ながら薄い雲が時折邪魔をしてくっきりとは見えにくい状況。しかもかなり上空の高い位置のため、小さめなのもがっかり。

でもまん丸お月様が次第に欠けていき、完全に隠れると今度は満ちてきて元の満月に戻る。そんな素敵な天体ショーが数時間の間にライブで観られるなんて超ラッキー。

さらに14~15日頃にはふたご座流星群も観られるとか!防寒対策を万全にして星に願いをかけてみるのも良いかもしれません!

来年こそは平穏無事な一年になりますように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大にするべきか、小にするべきか、それが問題だ!

人間ドック終わりました。

結果は体重と腹回りが微妙に成長して「気を付けなはれや!」とお医者様に釘を刺されました。他にも悪玉コレステロールの数値は下がったものの、厳しくなった新基準では[要注意]なのだそうです。あとは可も無く不可も無く、スレスレで再検査は免れました。

それより事件は朝起きたのです。問診表と一緒に提出する検便と尿サンプルを取る際、いつもだったら小をした後、もよおして大をするのですが、今朝はピークが重なりまして片方ずつはでき難い状態に陥ってしまったのです。

それでも肛門に神経を集中して何とか小を採取、次に手早く大を掻き取りサンプル取り成功に漕ぎ着けました。皆さんもギリギリまで溜めると私のようになる可能性がありますから、少し余裕のある状態で臨んで下さいね。(こんなアドバイス聞いたことねぇってか!?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの頃は若かった!

世界の各大陸のチャンピオンクラブが終結して№1クラブチームを決める[クラブW杯]が開幕した。今年と来年は日本開催とのことで、開催国枠として先日J1優勝を決めたばかりの柏レイソルも出場する。

この大会、私が若い頃はトヨタカップという名称でヨーロッパと南米の№1同士が日本で一発勝負で決着をつける形で開催されていた。

その81年大会を当時付き合い始めていた女の子と一緒に観に行った記憶がある。いわゆる初デートなのに、相手を楽しませるより自分の趣味を優先させた最悪のパターン。

試合の後の映画も[栄光への脱出]というサッカー物だった。今考えれば、もっと女の子が喜ぶような所へ行けば良かったのにと思うのだが、なにぶん経験値が低過ぎて・・・。それが響いてかその子にすぐフラれたのは言うまでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

な~にぃ~!やっちまったな~!

久しぶりに使った農薬が原因で薬害を出してしまった。散布した一部の品種(いずれも今年植え付け)で見事な花弁の変色が多数見受けられた。程度としてはランクB(中位)かな。

ウドンコと灰カビが共存していて株の中心部にまで病気が及んでいたので、いつもより丁寧に掛けたのが逆に仇となってしまったか。

今後は単用で使うか、品種指定で使用するかのどちらかで様子を見るつもり。昨年はこれほどの被害は出なかったように記憶しているのだが・・・。まあ出ちまったものは仕方が無いので、これを教訓に過ちを繰り返さないようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間ドックまであと2日!

人間ドック(9日)まで走って体重をキープしようと頑張ってきた。走り始めた頃は苦痛でしかなかったが、今は癖になって走らないと気味が悪い(ちょっと言い過ぎか?)感じになってきた。

重く感じていた体もランニングするには差し支えなくなったし、心なしかお腹周りの脂肪が燃焼してすっきりした感じがする。しかし、食事はまともに食べるし間食(夕食後のおやつ)も控えてないので体重自体は減る気配がない。

血液検査で中性脂肪や悪玉・善玉コレステロールの値がどうなっているかや、長い付き合いの胆嚢ポリープ(小豆大で変化なし)、肺活量などが楽しみである。

いくらオッサンでも体型はオッサンぽくなりたくないのが本音。肥ると今まで着れた物が着れなくなるのがつらい。ここはひとつ、癖になりかけているランニングを無理の無い程度に続けて、食生活に注意すれば何とかなるんじゃね!?って考えてますけど両足の筋肉痛との付き合いも長くなりそうです。

さあ、問診表を記入して検便の準備を始めるとすっか~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるで家(うち)みたい!

何気なく観ていた某住宅資材メーカーのTVコマーシャル。

部屋の中が寒いので亭主(これを堤真一がやっている)は安っぽい綿入れ半纏、奥様は高級毛皮のコートを羽織ってご満悦。

あまりにも差がある服装に「まるで家(うち)みたいね!」と爆笑する嫁。

[そう思うんだったら少しは・・・]と心の中で呟く私。言ったが最後、数日間日の丸弁当、そして会話の無い生活が続く!?

せめて年の瀬ぐらいは穏やかな日々を過ごしたい私は、何も言わずに優しく微笑むのであった。

(これがフィクションかどうかは皆さんのご想像にお任せいたします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完全に調子狂いました!

折角の日曜日、本当ならまだ夢の中の午前5時、所隊と各分団、そして自衛消防と地元住民が一体となって行われる消防の合同訓練に参加するために起床した。

寒さと眠気でなかなか目が覚めない中、実家でバケツリレー用の金バケツを調達して現場へ出向いた。

回覧板での連絡の時期が少し早かったので出席率が心配されたが、想いの他、参加人数が多くて一安心。そうこうしているうちに訓練開始で、私は第一発見者としてバケツを叩きながら大声で「火事だー!」と叫びながら熱演。講評が終わるまで1時間余り、寒さに震えながらのお役目を果たした。

ハウスを回り遮光の設定をしてから、家(自宅)に帰って朝食を食べ始めたのが9時頃。いつもの日曜日とは完全にペースが違うからか、どっと疲れが出てグロッキーに。「あなたがいると掃除が出来ない!」と言わんばかりの嫁の冷たい視線にもめげず、午前中はのんびり過ごさせてもらう。

が、さすがに昼過ぎからは居た堪れず[亭主元気で留守が良い]を実践した。こんな休みはもうこりごり、あんな嫁ももう○○○○!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとう、柏レイソル!

J1最終節は全試合が同じ時刻に開始され上位3チームが全て勝利したため、前節までの順位どおり柏レイソルが復帰初年度で優勝という快挙を成し遂げた。

私が思う勝因の一つに外国人助っ人2人がチーム戦術に溶け込み、大事なところで120%の活躍をしたことが挙げられる。とかく日本人(もしくはJリーグ)を上から見がちな外人が多い中、彼らは謙虚で献身的にプレーしていたのが非常に印象的であった。

また日本人プレーヤーも外国人頼みではなく、自分たちで局面を打開する能力に秀でた選手が多かったように思う。ベテラン北島からオリンピック代表の酒井に至るまで、攻守共にバランス良くまとまっていたのが最後の最後に勝ち抜けた主因だと言えるのではないか。

ボルシアMGへ行った大津、前線へのダイナミックな飛び出しと思い切りの良いシュートでブレイクした田中など若い好選手が次々と育ってくるスカウティングや育成システムにも見るべきものがある。

今後も観ていて面白い、予想を良い意味で裏切るような攻撃を見せて欲しい。レイソルのますますの活躍を祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良い時代だったのかな!?

県内各地で農協祭が催されているが、この頃は規模がでかくなり過ぎて地元密着感が希薄になっている。

不景気の折、あまり経費は掛けられない台所事情もあり、開催も一日のみ(昔は土日だった)で場所も遠くて行きづらくなってしまった。各種農産物の展示品評会もなくなり、なんとなく距離ができてしまった気がするのは私だけだろうか?

単協の頃のそれは職員も農家も皆で盛り上げようという気持ちに溢れ、全員参加型のお祭だった。4Hクラブでは餅つきを何回もやり、大根おろしときな粉をまぶしたものを作って直ぐ完売したっけ。たくあん樽ごととか衣料品なんかも売っていて、田舎のイベントらしくて好感が持てたな。

時代も環境も変わり、昔ながらの・・・を期待するのは酷なのはよーくわかっているつもりだが、ほんの片隅にでもかつてのほのぼのとした[古き良き時代の農協祭]を残していって欲しいと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいすけ君よ、永遠に!

テレビ東京(今はBSジャパン?)で人気番組[ポチたま]の旅犬「だいすけ君」が急死した。

何でも旅先で胃捻転が判明し、緊急手術の甲斐なく天国へ旅立ったとのこと。

5年ほど前の私のガーベラ温室での収録風景が、つい昨日のことのように思い出される。

享年6歳ということは、その当時はまだ1歳ほどの子犬(体格は立派だったけど)だったのか。愛嬌満点、大きな舌で顔をペロペロ舐められたっけ。

だいすけ君と競演したうちの愛犬も5月末に他界したばかりだけに、ずっと傍にいた松本君の悲しみの大きさが慮られる。

どうか安らかに眠りたまえ。そして天国でうちのチップと仲良くじゃれ合って幸せに暮らして欲しい。

100422_225301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

届け!味の定期便!!

私がまだ輪菊の周年栽培をしている頃だから15年ほど前になろうか、青森県から静岡へ農業実習にやってきたN氏。どういう経緯かは忘れてしまったが、私の家で2週間ほど仕事を手伝ってもらった。

それ以来ずっと贈り続けている実家のミカン。親父も齢で手が入らず、薬剤散布は1~2回しかやってない。お世辞にも良い品質とは言えないが、食べてみるとこれが結構美味しい。甘いだけでなく適度な酸味があり、こくのある味わいになっている。

今年は暖かい上に消毒不足で、貯蔵中に腐るものが多くて早生は止めて中手の品種にした。収穫後、直ぐ箱詰めし宅配便の営業所に置いてきた。早ければ明日には届くだろう。お返しのリンゴが今から楽しみだ!

111130_160801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »