« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

早く寝ます!

今日・明日と東京出張(フラワードリーム参加)のため、早く寝ます。

連日の改植準備作業の疲れもありますが、気持ちで頑張って参ります。

良い物を作るのと同じか、それ以上に「売る」のは難しいのです。

ヨーロッパの信用不安、シリアの内戦、国政の混乱、上がる消費税率などなど、ますます花の需要が落ち込みそうな昨今、一石を投じるぐらいの心意気でやってみます。

なにわ花市場のブースの一角で展示・販売をしますので、PCガーベラファンの方も、そうでない方も、冷やかしだけでも構いませんから覗いて行って見て下さい。

では、本当に寝かせて頂きます。おやすみなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽になったよ!

やはり改植が終わってないのは私だけのようで、周りから心配する声を耳にすることが多くなった。

自分自身も気が付かないうちに焦ってたり、イラついていたりすることが多かったような気がしている。

そんな時、仲良しのY君の労いとも励ましとも取れる一言が気持ちを楽にしてくれた。

「心配すんな。少しぐらい遅くなったって秋に出ればいいだで、じっくりやんな。」

そうだよな、こういう年もたまにはあるさ。誰かに迷惑掛けてる訳じゃないし、マイペースでやろう。そのうち終わるさぐらいに、どっしり構えているくらいでちょうどいいじゃん。

まあ、多少自分を慰めている気もしますが、友の言うとおりにじっくりやらせてもらうでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京出張迫る!

いよいよ今週末に迫ってきた今年度初の大きなイベント。東京ビッグサイトで開催されるフラワードリーム。

恥ずかしながら参加も見学も未体験。想像の域を出ないが、IFEXのミニ版だと思っているけど果たして?

(肩書きだけ)部会長としては、とにかく元気良く笑顔で対応することを心掛けよう。そして参加する全員が無事に帰宅できるように安全第一で無理の無いスケジュールであるように祈ろう!

とかなんとか言いながら、一番危ないのは私かも!?(50過ぎると無理は利かなくなるんです)

こっちにいても仕事だしハウスと家の往復から逃れて、東京でリフレッシュできれば最高なんですけどね。

その前に改植準備進めておかなくちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここまで来たら・・・。

どうも皆さんコンバンワ!植替えノロマ選手権ぶっちぎり1位のチャバネです。6月も残り数日というのに、まだ300坪もの改植が残っているツワモノとは私のことです。

徐々に進んではいますが今のところの予定では、定植完了は早くて来月半ば、遅ければ20日前後と読んでおります。

もうここまで来たら焦ってもしようがないので、自分のペースで粛々とやっていこうと考えております。

願わくば植えてしまうまで梅雨明けせず、明けても猛暑の到来は避けていただきたく思っている次第です。できれば冷夏プリーズなんですけど、そんなに都合良くはいかないっすよね。

という訳でまだ暫くの間は土との格闘になりそうなんで、心折れることなく頑張っていきますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく・・・。

午前中は昨日の続きの薬剤散布。ハモグリ・コナジラミ・ハダニ・スリップス・ウドンコ病など既存株全体に広がり、手の付けられない状態の一歩手前か。

消毒ばかりやってられないし、やりたい時に(いろいろな理由で)出来ないことが重なったため致し方ないともいえるのだが。まあ時間をかけてリセットするしかないかな。

午後からようやく土耕の改植に着手。耕運機を運び、カニガラ・竹炭などを散布した。これで天気が悪くても関係なく耕運作業ができる。まだ時間は掛かるが、とにかく前に進むしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこへの提言!

先日のアメリカ戦を見た限り、今のままでは優勝はおろかメダルも難しいと言わざるを得ない状況に思えた。

アメリカのプレスをまともに受けて浮き足立ち、生命線の細かい繋ぎでミスを連発。開始10分で2点のビハインドはあまりに大きなハンディとなった。

それでも前半に入れた得点は宮間と永里のコンビネーションと意志の疎通から産まれた素晴らしいゴールではあったが・・・。

本来ならこれで息を吹き返すはずなのだが、なかなか全員が連動して動く時間帯は増えてこない。

逆にスピードと体力で1対1の局面を度々作られ、かなりの確立で負けてしまい結局2点追加されて4-1で完敗となった。

課題は相手FWのスピードについていけない守備陣。岩清水を欠いた状態ではどうしても安定感に欠ける。1対1では勝てないのなら数的優位を作りながら守るしかない。

相手のプレスをいなすようなプレーをしないと五輪でも痛い目に遭うのは目に見えている。あと澤は精神的支柱としてベンチにいるだけの方が良い(あくまでも個人的意見)。

開幕までにどれだけチーム力を上げられるか、佐々木監督の手腕に期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつも多過ぎ!?

ガーベラを収穫する際、数えてコンテナ1マスに50本入れるのが常なのだが、なかなかカウントできない私。1~10数える間に既に2本ぐらい多くなってしまうことも。良いものばかりなら問題ないのだけれど、細い・花が小さい・茎が柔らかいなどの理由で二等品扱いする花が多くなると、どうしても数が合わなくなってしまうのだ。

また途中で話しかけられたり、電話が掛かってきたりすると幾つだったか忘れてしまってこれまたダメ。しっかり数えているつもりでも持った感じで多いと分かる。いっそのこと初めから数えずに持った時の(重さの)感覚でやってみようか。その方がよっぽど正確な気がする。

グラム単位で量り売りをするお肉屋さんとかと同じレベルにはなれそうもないが、数が大体そろうように努力してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一歩前進!

やっと袋培地の定植が終わった。4品種、3600本の苗との格闘にケリが付いた。予防のための粒剤を撒き、消毒用ホースの誘引支柱を打てば完成である。

本当に長い間もがき苦しんだ末の(一部)「植え上げ」なのに喜びは少ない。それはまだ土耕の改植が300坪も残っているからに尽きる。

でも全て試行錯誤的だった今回に比べて、これからの段取りは分かり過ぎるくらい分かっている(つもり)。体はしんどいが段々に進めていけば、そのうち目途が立つだろう。

後は植えた苗が暑さに負けないように、すくすくと生長してくれることを見守るだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正解でした!

本当は19日(火)に予定されていた圃場巡回。台風直撃の予報を受けて急遽2日後に延期、ハウス等の補修も考慮して5月に続いて夜の全体会合のみの開催とした。

案の定、最悪のコースを辿った4号はスピードを速めながら向って来た。午後3時以降には風雨とも強くなり、「やらなくて良かった」となった訳で・・・。相談に乗ってくれた方々、ありがとやんした!

被害の方は小規模のものがチョコチョコあったものの、生産に支障をきたすほどのものは現在まで報告されていない。心配して連絡をくれた皆様には心より感謝致します。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風4号上陸 !

6月の上陸は8年ぶりだとか!?とにかく昨日まで、否、今日の昼頃までは何でもない普通の雨。ところが徐々に雨風とも激しさを増し、3時過ぎあたりから「来るな」って感じに。とりあえず天窓を「手動」で「閉」にして、サイドも閉めた。

紀伊半島へ上陸してから伊勢湾→愛知県東部→静岡県西部のラインでこっちへまっしぐら。一番とって欲しくない(台風の東側は風雨とも強くなる場合が多く被害が出易い)ルートで迫ってくる。

しかも時速65キロだって、急に強風で家がミシミシ言い出した。竜巻注意のテロップも。レーダーで見ると雨の強い地域は東に移りつつあった。「もう少し我慢すれば・・・」

今は吹き返しの強い西風が吹き荒れているが、まもなく落ち着いてくるだろう。ハウスに被害がないことを祈る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくもこんなにいるなぁ!

遅まきながら袋培地の定植をしていると、苗の根の隙間とか保管用のプラスチック容器の凹みなどに、大小さまざまな大きさのナメクジがわんさか(ついて)いる。何処から入り込んだのか、こんな所に住み着かなくてもといいと思うのに・・・。

たかがナメクジ、されどナメクジ。定植したばかりには何にもいないはずなのに、株が生長し大きくなると蕾や葉・花弁を齧られて商品にならないものを発生させる厄介者なのだ。おまけに生臭いので大嫌いな私は、どんな小さな奴でも潰してあの世へ送りつける。

やっぱり保管期間が2ヶ月近くなるといろんなことが起こるわな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仕事、仕事、仕事。

朝方は雨が降っていたのに、だんだん明るくなって日が射してきた。予報どうり蒸し暑く、夏を思わせる気温上昇(最終的にはギリギリ真夏日にはならず29.5℃)に閉口してしまった。

培土を入れた鉢を置いてゆく作業は、最後の4棟目に差し掛かったが、急がないと土耕の準備が遅れ遅れになる危険性があるので、何とか早めに終えてしまいたい。

ラジオでは父の日エピソード満載で羨ましい限り。私の場合は息子からメールが届いただけで、その他は何もない一日。

端っから期待してなかったけど、そのとおりの結果となって良かったのか、悪かったのか。子供たちが元気に働いているのなら、それで良しとしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親の心、子知らず!

うちのバカムッスー(バカ娘)は本当にしようがない。朝はギリギリまで寝ていて、弁当も母親任せ。おまけにバス停まで送り迎えときたもんだ。

当面の間は車で通勤できないのをいいことに、運転しようとしない。家事は極たまに洗い物だけ、洗濯・調理はするのを見たことがない。母親に甘えているとしか言いようがない。

夕べも勤務が終わると、そのまま東京の友達の所へ行ってしまった。海外へ行ってしまう前に会いに行くそうな。それはそれでいいのだが、もう少し家の事を手伝うとか考えられないのかと思う。

まあ、自分も若い頃は自分のことだけ考えていたような気もするが、彼女は程度が酷すぎる。掃除・洗濯・料理、何一つやろうとしないような奴は、一度痛い目に遭わないと身に浸みないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベストチョイス?

植替え作業に没頭し過ぎていた訳ではないが、薬剤散布の間隔が微妙に空いているのが気になっていた。

しかも、このところハモグリバエの活動が活発で、どのハウスでも葉に模様を描かれはじめている。成虫を見かけることも多くなった。

ダニ・コナジラミもしつこく増殖しているので、この貴重な梅雨の晴れ間を使って薬剤散布をすることにした。

コテツ・カスケード・アカリタッチの3種混合で、植え替えしないハウスを全て散布した。この1回だけでは虫たちも深刻なダメージは受けないと予想している。(間隔を狭めて数回行なえば密度も下がると思うが・・・)

とりあえず今日のところはベストチョイスと自画自賛して、明日からまた改植作業に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のせいじゃない!

ガーベラの品種名には地名やらフルーツの名前など、割と安易なネーミングが多い。

今年作付けされている新品種の中にも[ヨーコ]という日本の女性の名前(ポピュラーなだけに多い?)と同じ品種がある。

数ヶ月前にそれを定植したH.Y氏がポロっとぼやいた!「思っていた花と違う!あまり良くない」

同じ名前の嫁にそのことを言ったら「そんなの私のせいじゃないもん!」とバッサリ。ごもっともなご意見だ。

カタログだけで判断するのはリスキーだし、圃場で見て「これなら・・・」と思ったって、いざ作ってみるとサモない花だったなんてことは良くある話。

まあ当分、嫁の前でその品種の話はしない方が良かろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウェーの洗礼!

役員会のため後半残り20分ぐらいからのTV観戦となったオーストラリア戦。嫁から「攻められっぱなしで栗原と今野にイエロー」のメールが来ていたので、危ないのかなと思っていた。

何とか凌いだ前半に比べ、パスが繋がるようになった後半。ショートコーナーから本田の絶妙なラストパスを栗原が押し込んで先制。

しかし、内田のプレーがPKとなり、それを決められ1-1に。それからは一進一退、相手のシュートがバーに当たる幸運も重なり、結局勝ち点1ずつを分け合う結果となった。

荒れて湿ったピッチ、直ぐ警告を出す判定のおかしい審判、相手のホームの大声援。すべてがアゥェーだったと長谷部が言っていたが、まさにそのとおり。

前半の大ピンチの連続を良く守ったのが、結果的に勝ち点に繋がったといえるのではないか。2006年のドイツW杯の悪夢が蘇るあのヤマブキ色のユニフォームは、どうも好きになれないが、まあ負けなかったのでよしとしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほーら、出たで!

袋培地の定植準備も着々と進んでおり、ポットの培地入れがスムーズにいけば苗の植え付けは穴に入れていくだけなので、比較的容易に出来る。

おっと、その前にピクリン錠剤のガスが完全に抜けているかを調べるために撒いた夏ダイコンの種が、ほーら、このとおり!

120609_165401

見事に発芽してるでしょ!コレで安心して定植できるってことよ。さあ、今日も頑張るぞ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土耕の準備もね!

昨日は梅雨の晴れ間が広がり、朝から強烈な日差しと高めの湿度で働く意欲を失いそうになった。

それでも約束していた堆肥が届くので、(ハウスへ)搬入をしなければならない。一年に1~2回しか使わないボブキャットローダーとコンポスキャッターをフル回転して、一人で片付けなければならない。

おまけにモミガラ堆肥がよく乾いており軽いのはありがたいのだが、細かい埃がたって息苦しくなる。ハウスの土も表面はカラカラで機械が動くだけで土煙が上がる始末。(また鼻の穴が真っ黒になって、鼻毛が伸びる)

とか何とか一人でブツブツ言いながらも、3tの堆肥を300坪にほぼ均等に振り撒くことができた。(機械の力に感謝)

とりあえず堆肥だけ入れておけば後の資材は雨でも撒ける。土壌改良剤を入れたら耕運・整地。さらに畝立てして潅水チューブごと被覆。クロールピクリンフローで消毒だ!

と、言葉で言うのは簡単だが・・・とにかく少しずつやって行きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の使者!

花が散って小さな実をつけたミカンの木で、初夏の使者を発見!

120608_115001

何だか分かりますか?そう、キアゲハの幼虫です。かなりでかいので、もうすぐ蛹になるものと思われます。指で突くとオレンジ色の触覚のような角を出して威嚇します。

梅雨が明ければ夏は直ぐ其処。おっと、その前に改植終わらせなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VS ヨルダン !

オマーンよりはるかに手強いのでは?と警戒していたヨルダン。相手に退場者が出たこともあって、大量6点を取っての圧勝だった。

前の4人(前田・本田・香川・岡崎)は相変わらず好調だったが、それ以上に光っていたのがガチャピン(遠藤)と長谷部。

特に遠藤はゴールへ突進する本田へ通したダイレクトパスなどタッチが素晴らしく、前の試合とは比べ物にならないくらいの出来だった。長谷部も安定したパスワークと守備で試合を優位に進められるようコントロールしていた。

後半の立ち上がりと5点目を取ってから間延びした試合展開になってしまったが、最後に栗原がダメ押しヘッドを決めるなど試合終了のホイッスルまで気持ちが途切れなかったことは賞賛に値すると思う。

吉田の怪我の具合は気になるものの、アウェーのオーストラリア戦を前に絶好の形で2試合を終えることに成功したといえるであろう。12日は最大・最強の難敵なので、万全の態勢で試合に臨んで欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

癒しが欲しい!

毎日毎日ハウスと家を往復する生活に、些か嫌気が差して来た。

何でもいいから身体と心の疲れを癒してくれるものが欲しい。

例えば好みの女優さんの声で励ましてくれるグッズとか、本物の子犬(できればジャックラッセルテリアかフレンチブルドック)とか・・・。

一日たっぷり休めばそれなりに回復するのだろうけど、休む勇気もない。気ばかり焦って仕事を進めるが、なかなか捗らない。

若い頃と違って疲労の回復具合も遅くなってきた。朝起きてもだるかったり、其処彼処が痛んだり齢を感じてしまう。

こんなマイナス思考の愚痴ばかり書いても仕方が無いのに、ついつい声を発してしまう俺は弱虫か!?

催眠術でガーベラを作り始めた頃に戻してもらえば、やる気が出てくるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我に力を!

乗り遅れた感のある改植作業。自分なりに一生懸命やっているつもりなのだが、なかなか前へ出ない。早い人はもう植え終えて余裕綽々の人もいるとかいないとか!?

自分の場合、どう考えても6月いっぱいに終われば良い方で、最悪7月まで掛かりそうな気配も・・・。体力・気力的に持たない可能性もあったりして、何とかしてやる気を維持してゴールラインを駆け抜けてみたい。

(眠いのでショートカットします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川、マンU移籍決定?

本人曰く「まだサインはしていない」ということだが、逆の見方をすれば[サインさえすればソレで決まり]、その他は全て整っていると解釈できなくもない。

いずれにしても入団は時間の問題であることに間違いないようだ。少し前、香川のプレミア入りの話題に触れたが、私個人の意見は「マンUよりアーセナル」だった。その考えは今も変わっていない。

マンUのファーガソン監督は対戦チームによって戦い方を変える。当然、戦術が違えばメンバーも変わる。香川が不動のレギュラーになれれば良いが、そうでないと使ってもらえない時間が増える。調子が悪ければ尚更だ。

しかも対戦相手のDFは反則覚悟でスライディングタックルに来る。ブンデスリーガで揉まれた経験があっても交わし切れるかどうかは疑問だ。まともに喰らって怪我でもしたら・・・一生棒に振ることにもなり兼ねない。

そこへいくとアーセナルの方がレギュラー争いもマンUほど厳しくないし、チームカラー・戦術的にもマッチするのではないかと思う。ファンペルシーにラストパスを出す香川が見たいという気持ちが大きいのもウソではない。(ルーニーとのコンビも魅力的ではあるのだが)

まあ決まったことは決まったこととして素直にお祝いしたいし、今から夏以降のNHK-BSのプレミア中継が非常に待ち遠しい。小さい子供たちが「いつか香川のように・・・」と希望を持つことができたのも日本のサッカー界において大変大きな財産になることであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臭いはどうかな?

袋栽培の被覆を剥がした。ポットを置く穴に一つずつ入れた錠剤は、外側のオブラートが溶けてナメクジが這った後のように、錠剤そのものは干乾びた梅干のようになっていた。

臭気は殆どなく催涙性の刺激など全く感じられなかったが、一部でアオカビが発生していたのが気になった。

おそらく、このまま鉢を置いても問題なく生長すると思うのだが、念のためダイコンの種でも撒いて発芽試験をしてみるつもりである。

現段階では間違いなく最下位争いをしていると思われる[植え上げレース]。なんとかコツコツやりながら追い着いて、最後は逆転するパターンを願っている。ウサギとカメのカメのように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝って兜の緒を締めよ!

埼玉スタジアムに63,000人の大観衆を集めて行なわれたブラジルW杯最終予選初戦。対戦するオマーンはランキングはかなり下だが、いつもキワドイ試合になる嫌な相手だ。

日本は故障あがりの本田が復帰、現時点でのベストメンバーで臨んだ。立ち上がりから幾度となくチャンスを作るがシュートが決まらない。10分過ぎ、ワンタッチのパス交換から長友が抜け出しセンタリング、後ろから詰めていた本田がインサイドでズドン。名GKと名高いアル・ハブシが守るゴールを破って先制。

後半には、ややオフサイド気味だったけど香川のクロスを前田が決め追加点、さらに前田のシュートのこぼれを岡崎が詰めてダメ押しの3点目を挙げて勝負あり。

ピンチらしいピンチもなく、ドヤ顔川島も手持ち無沙汰。幸先の良いスタートを切ることができた。8日にヨルダン戦があるので、しっかり休んで次もこの調子で勝ち点3を取って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県花き連ガーベラ部会総会!

先日開催された静岡県花き連ガーベラ部会総会。30年程前、新人研修で訪れた袋井の経済連西部支所。隣接する家畜市場も含めて懐かしい、そしてほろ苦い思い出が蘇る。

それはさておき、平成23年度事業報告・終始決算報告ならびに役員承認が終わると、前会長に代わり私が進行を務めた。成り行きでなった会長職。辣腕の副会長2名がいるので大船に乗った気楽な感じでやらせてもらおうと思っている。

事務局の経済連の若手たちとも上手い具合にコミュニケーションが取れており、絶妙のバランスで各事業に望めると期待している。

県内産地が連携してガーベラの消費宣伝・販売促進に繋がる活動を、内容濃く展開していく心積もりである。

生産は盛んだが消費は寂しい限りの静岡県。花き振興はまず足元から固めるべく、地産地消の名の下に行政もひっくるめて消費者の意識改革に努めていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れはピーク!

いよいよ6月突入、入梅間近を思わせる蒸し暑くはっきりしない空模様。それでも本格的なジメジメ・モワモワってゆー感じではないので幾分楽なのだが。

面倒な、手間の掛かる、汚れるなどの仕事担当の私は、ここ数ヶ月休みらしい休みもなく働き続けている(その割りに進捗状況は芳しくない)。

そのせいか偏頭痛を感じる時もあり「明朝には冷たくなっているから」と家族を脅しているが、全然気にしてくれない。(冗談がホントにならないように気をつけないと)

朝起きると節々が痛く、まるで鎧を着ているかのようなぎこちない動きしか出来ないことが多い。いざ収穫が始まれば忘れるが、一息つくとまたぶり返す。

まあもう若くないので、だましだましやり続けるしかないのはわかっているつもりなのだが、もう少し何とかならんかとイラつくこともある。

いくら愚痴ったところで何の解決にもならんので、諦めてコツコツ頑張ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »