« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

白亜の・・・。

日本の夏の環境はガーベラにとって明らかに過酷だ。蒸し暑いし、日差しも強烈、隔離栽培では特に根域が限られているだけに、培地温の上昇は致命傷にならないまでもかなり大きなダメージとなる危険性がある。

従って如何に地温を上げずに涼しいハウス内環境にすることができるかが、今後の生育の鍵となる。

うちの場合、外部遮光とカーテンで対応するケースが多かったが、数年ぶりに遮光剤を塗った。これで涼しくなるとは言い切れないけれど、やらないよりはマシであることは確か。秋の本数増を夢見つつ、汗をかいて行こう!

120728_100701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれでは選手が可哀想!

さっきライブで観た柔道男子66キロ級の準々決勝。日本の海老沼選手と韓国選手の戦いは大きな疑問が残った。

最終的には判定で海老沼選手が勝ったものの、その前の判定は逆に韓国選手の勝ちであった。しかも2-1とかでなくどちらも3-0なのだ。あきらかに審判が自分の判定に自信がないのが分かる。

そうなったのは審判の判定がおかしいと判断した際に異議を唱えられるもうワンランク上の審判団(なんて言ったか忘れたけど)。延長で海老沼選手の掛けた技が一旦は[有効]とされたのに、さっき登場した上の審判団が[NO]と主張したため取り消された経緯がある。そこから三人の審判は平常心を忘れ、ジャッジに公平性が保てなくなってしまったと見た。

もともと柔道が国際的な種目になるにつれ、ルールもコロコロ変わり、しっかり組んで技を掛け合う本来の姿からは程遠いスタイルになっていった。

選手のレベルに審判が付いていけず、今回のような疑惑の判定が生まれることも珍しくない。あれでは勝った海老沼選手も韓国選手も可哀想だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史的勝利!

ロンドン五輪男子サッカー一次予選D組の日本は優勝候補筆頭のスペインに1-0で勝利。

[史上最大級の番狂わせ]と言われようが゜[グラスゴーの奇跡]と報じられようが、勝ちは勝ち。決めるべきところを決めていれば3-0以上の完勝も夢ではなかった。

プレスをかけるところと敢えて後ろで壁を作る場面を巧みに使い分け、無敵艦隊の攻撃を無力化した。

相手チームにはマンUやバルセロナ所属のスター選手がゴロゴロいたにも拘らず、臆することなく果敢に攻めた我らが代表に最大級の賛辞をおくりたい。

コレに満足することなく驕り・慢心を捨て、全力のパフォーマンスで1次リーグを突破し、悲願のメダル獲得を実現させて欲しい。君たちならできる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開幕前に・・・。

ロンドンオリンピック開幕を前にして、早くも熱戦の火蓋が切られたのはサッカー予選。メダルを狙う女子代表チーム(なでしこジャパン)は初戦のカナダを2-1で下し、勝ち点3。

前半から攻勢を掛け2-0とリード、後半に1点を返されたものの落ち着いた試合運びで危なげなく勝利した。

この勢いで男子も優勝候補の呼び声が高いスペインと互角以上の戦いを!負けない試合をして最悪でも勝ち点1を取って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しでも涼しく!

7月も残り僅か、暑さもこれからが本番。今日は[暑さ]より[湿度]が堪えた。出る汗も「ドバー」っというより「ジトー」って感じで服がまとわり付くのが気持ち悪い。

人間が暑いと感じるんだから植物も暑い。ガーベラにとって日本の高温多湿は耐え難いはず。勾配の緩やかな軒の高くないハウスは熱気がこもって抜けないことが多い。

四方から風を入れてやっても、防虫ネット越しの風はそよ風よりはかない。それなら強制的に外気を入れ込もうと、ボイラーの吸気口をハウス外側のみ開放して、残りの3方を塞いでしまえば・・・!?

既にこのやり方を実践している人の感想なり、実際にハウス内に入ってみた感じでは、かなり涼しい。だだし、開放している部分から害虫も入り放題になる可能性も否定できないから、その点を踏まえて実践する必要がある。あと、あんまりきっちりやってしまうとボイラーのファンが傷む事があるらしいので注意されたし。

多少なりとも効果を期待しつつ、準備に明け暮れた今日のチャバネであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ヶ月ぶりの圃場巡回!

前々回(5月)は改植で忙しいのを見越して、前回(6月)は台風接近のため中止になった圃場巡回。今月は久しぶりのフルコース全体会(昼間の圃場巡回と夜の全体会)の開催となった。

人のハウス、特に植替え直後はその人となりが垣間見えて特に面白い。ちょっと気になる所があればすぐに質問して疑問を解決。そうしておくことが将来的に参考になる。

隔離・養液土耕など、その人の栽培方法や環境の違いで同じ品種でも[顔]が変わる。皆それぞれ工夫してハウス内を涼しくしようと努力している。

私も他の人に触発されて、何とかして暑過ぎるハウスの中を1℃でも2℃でも下げて、秋の需要期に間に合うように努力したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんびりしたいっすねー!

植替えは終わったものの、その他の管理がテキトーだったので、2.3年株では害虫の楽園状態に近い場所も見受けられる。

また親父たちがやってくれていた除草作業が滞っているため、ハウス周りは何処もかしこも草ボウボウ。濃い目の除草剤をたっぷりかけてやらないとすぐ復活して元どおりになっちまう。

タンクへ入れる肥料も量っておかなきゃならないし、換気を兼ねた防虫ネットや遮光資材も準備しないと・・・。

とにかく、やらなきゃいけないことばかりでちっとも余裕が生まれないのは何故なんしょ?何日か続いた涼しい日もおしまいらしいので、暑い中の作業となりそうやねんけど。

まあ、気合い入れ直して頑張りまっしょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カッコイイ!から仕方がない。

海猿第4弾![BRAVE HEARTS]を家族3人で(嫁と娘)観てきた。

「ちょっと出来過ぎ!あんなに短時間であんなに大掛かりな人命救助は不可能」というのが率直な感想。

実際に警察・消防・海保があんな抜群の連携を取れるんなら、東電の原発事故だってもっと適切に処理できたに違いない。

下川(時任三郎)みたいにリーダーシップ取れるトップがいたらいいのになあ!

仙崎(伊藤英明)みたいにカッコよけりゃ、そりゃあうちの嫁もキャーキャー言うのも理解できる。

吉岡(佐藤隆太)がジャンボジェットもろとも海の底へ沈んでも、仙崎たちによって奇跡的に助けられるストーリーは、この映画だから許される話。

それでも大きなスクリーンで大音響とともに観る映像は迫力満点。手に汗握ること間違いなし。登場人物みんな素敵!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N君、おめでとう!

部会の仲間、N君の結婚式に出席した。今年度の部会長(何度も言うけど名前だけですが)ということで来賓祝辞までさせてもらった。そういえば6年前の部会長の時もS君の式に招かれた記憶がある。

人前式や集合写真にも出させてもらい、心が洗われる思いがした。最上階のレストランで開かれた披露宴は、ゲストと新郎・新婦の距離が近くて大変アットホームな心温まる和やかなものとなった。

お父様のHさん・お母様のKさんも息子の晴れ姿と新たに家族に加わるお嫁さんの美しさに満足気であった。

列席された方々全員の想いが凝縮された非常に親しみ易く笑顔の絶えない宴は、清清しい後味の[ごっくん馬路村]のように爽やかな気分にさせてくれた。

N君・Yさん、末永くお幸せに!    o(*^▽^*)o  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼しい!しかし・・・。

昨日は34℃あった最高気温が今日は27℃までしか届かない。日差しもなく、午後からは雨混じりの天候に。涼しい東風がバンの荷台でのお昼寝を加速する。

昨日の[植え上げ]を受けても、気持ちは緩んではいなかった。しかし気持ち的にホッとしたのは確かで、これまで蓄積した疲労が積み重なって一気に押し寄せた。

体中が筋肉痛状態。特に腰の痛みは尋常ではなかった。それでも騙し騙し花採り・薬剤散布(200坪)をした。午後から雨予報だったので、何とか降り出す前に片付けたくて頑張ったのだ。

昼飯の愛妻弁当を平らげて横になった途端、意識が遠のいていくのが分かった。ラジオから流れる音楽が子守唄のように眠りに誘う。今日だけは、今日ぐらいは見逃しておくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恥ずかしながら・・・。

恥ずかしながら、本日ようやく今年の改植を終了致しました。しかもGさん一家の手を借りながらの植え上げとなりました。

Gさん、Yくん、どうもありがとう。AKB4○才のTさんもありがとう!本当に助かりました。この御恩は一生忘れません。

しかし、300坪を一気に植えるのは少々無謀だったかも。しかも(浜松の)気温は34℃を超えていたらしい。どうりで汗ばかり出ると思ったぜ。

周回遅れの気分はもう味わいたくない。ここからは挽回あるのみ。焦らず、急がず、丁寧な管理をしていつの間にか「花咲いてんじゃん!?」って言われるように頑張りマッスル。

さあ、明日からは日常に戻ります。薬剤散布・潅水などの一般管理をやれていないところを集中的に取り組む予定でいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想どうり・・・。

予想どうり梅雨明け宣言が出た!

ニイニイゼミやクマゼミが、待ってましたとばかりにボリュームアップして鳴き始めた。

ハウス内は当然、体温並かそれ以上の温度。高湿度がさらに不快指数を押し上げる。

外部遮光を下ろし、少しでも室温を下げようと試みる。風があったせいか幾分涼しく感じられるがやっぱり暑い。

夏本番はこれから。早く定植を済ませ活着させて、暑さに負けない株に育て上げなければ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと少し!

ピクリンフローでの土壌消毒開始後10日がたったので、被覆をめくり定植準備に取り掛かった。ガスの臭いもなく、部分改植になったハウスも(隣の品種に悪影響を及ぼすことが懸念されたが)どうやら大丈夫みたいだ。

被覆使用の複層ポリはある程度干してから手繰り寄せて縛り、消毒専用チューブは折り畳んで畝ごとにまとめた。

本圃用のスミホースと給液チューブを設置する前に菌体肥料を施しておいて、明日植え穴を開ければやっと苗を植える準備が整う。

いつもより1ヶ月ほど遅くなってしまい、梅雨明け間近を感じさせる蒸し暑さが続く模様だが、きちんと植え終えて、その後の生長に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松だって一緒じゃん!

[名古屋走り]という言葉を耳にすることがある。ウインカーを出さずに右へ左へ進路を変更することを指すものだが、これは決して名古屋だけの問題ではない。

三河・豊橋そして浜松だって似たような運転をする人がわんさかいる。信号無視だってお手のもので、[黄]はイケイケ、[赤]は止まれなかったら仕方ないくらいの感覚で走行している人間がほとんどのように思う。もっと言えば完全に[赤]に変わってからでも平然と通過していく車も少なくない。

これでは交通事故は減る訳がない。マナーやモラルの低下は土地柄か個人の問題かはさておき、一人一人が規則・速度を守り安全に運転すれば事故は起きないはずである。

こう書いている私自身も、急いでいて黄色で突っ込んでしまうことがある。もっと余裕を持って信号機の手前で黄色になりそうだったら、減速して必ず止まる習慣をつけないといけない。急いで信号無視して得することなど何もないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏近し!

この週末は各地で夏祭りが多く開催されるようで、実家のある町でも目覚ましの花火 (AM5:00)とともに津島神社大祭が賑かく開催される模様。

昨年は自治会の班長だったので四六時中、祭に付き合ったが、今年はフリーなので比較的のんびりとした生活が送れている。

辺りが宵闇に包まれると主役はやっぱり打ち上げ花火。大小単発のものから仕掛け・スターマインまで、一瞬ごとの煌きと轟音は人々を釘付けにする。

隣町の花火の方が良く見える自宅の裏に陣取って、暫し花火鑑賞会。キレイどころがいないのは寂しいけれど、無事、祭が行なえる喜びを噛み締めて、梅雨明け間近の夜空を見上げるチャバネであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今のところ・・・。

先月中旬に定植した袋培地の苗たちは順調な生長を見せ、初めてのピクリン錠剤での消毒は今のところ成功だったと言える状態だ。各品種に数株ずつおかしいものがあるが、まあ許容範囲なのではないか。

120713_164101

中にはすでに蕾を持ち大きく伸びているものも見られるため、数日前から摘蕾している品種もある。かなりの時間をかけてここまでやってきたので、このまま良い状態を保ちながら秋には花がいっぱい咲くように祈るばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世の中捨てたもんじゃない!

作日の夕方、嫁から「親父の車が嵌ったから現場へ行ってくれ」との連絡があった。急いで駆けつけてみると、実家へ繋がる坂道で左側の前・後輪が見事に崖側に脱輪。傍の家の窓の網戸にミラーが当たっているではないか!

どうしようもないので、まずは農協に来てもらったが「クレーンか何かで吊り上げるしかない」と言われてダメ。仕方なく呼んだJAFにもいろいろやってもらったが最終的にはお手上げということで、降雨・日没でノーゲーム。

いよいよ困り果てて実家の隣のおじさんに相談したところ、仲間の便利屋さんみたいな人に連絡してくれて、現場まで見てくれて[出せる]確信を得たから明日実行するということになった。

何とホイルローダーで吊り上げて引きずり出す作戦らしい。夕べ、使う道具から段取りまで寝ずに考えてくれたのことで、ワイヤーから金具まで全て用意してくれてあった。

慎重に軽トラを引っ張り上げてどうにか[最大のピンチ]を脱することができた。プロでもできなかったことを事も無げにやってしまうとは、文字通り[救世主]と呼ぶにふさわしい活躍ぶりだった。

地獄で仏とはまさにこの事。天気も悪いしどうしようか?と悩んでいたのがウソみたい。丁重に礼を言い、心ばかりの御礼(ビール)を納めさせて頂いた。

今度という今度は親父も懲りたであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居ない方が良いみたい!?

仕事の方が一段落してようやく人並みの日曜日が迎えられたというのに、嫁は朝から何故かご機嫌斜め。「いつまでいるの?仕事いかないの!?」だって。

「今日ぐらいのんびりさせてくれたっていいだろう」

「いつも居ない人が居ると何か変なの!そんなことしているんだったら早く草刈ってよ! (`ε´)」

「亭主元気で留守がいいってか?」

「何か言った?」

「言ってねぇーよーだ」

こうして疲れを癒すつもりだったお休みは静養どころか、さらに腰を痛めるという最悪の結果となってしまったのであった。

やっぱり俺は作業車の中で横になる[車上生活者]が気楽でいいや!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草刈りデー!

改植準備に追われて手付かずだった自宅の前と後ろの空き地(本当は畑)の草刈りを実施。幾らにも体裁が悪いからと嫁にせっつかれ(やれやれとせがまれ)てようやく重い腰を上げた次第。早い頃には除草剤もかけたのだが、雑草の勢いにあえなく白旗をあげていたのだった。

やるからにはきれいに徹底的に刈るのをモットーに実家の草刈り機を拝借、午前と午後に分けて爆音と煙を棚引かせながら伸び放題の草を刈っていった。

思ったよりも手間で時間も掛かったがどうにかやり終えると、それなりの達成感を味わえた。さらに刈り込むことで自分の汚い部分も一緒に除去できたような気にもなった。禅で掃除をして心を磨くのに近い?のかな。

土壌消毒が終了するまで、こんなふうに見て見ぬ振りをしていた懸案事項を一つずつ片付けていきながら、私自身の疲労回復&リフレッシュにできたらいいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通のオッサンに戻りました!

先日までの超忙しい生活からようやく脱出、昨日からはすっかりリラックスした生活に!プレッシャーからも開放され、ようやく普通のオッサンに戻れました。

やるべき事は目白押しに控えているのですが、とりあえずは休養を優先して心身ともにリフレッシュするように心掛けていきます。植替えで後回しにしていた作業は一つずつゆっくり片付けていくとして、焦らずのんびりやろうと考えています。

さあ、朝寝坊してやるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと一息つけそうです!

昨日までに改植ハウスの土壌消毒を開始しました。最低7日間は被覆したそのままの状態をキープします。

ボロボロですけど何とか体調を整えながら一般管理に力を注ぎます。

少しはのんびりできそうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体中が痛い!

一年に一度の改植時期にのみ使用する畝立て機を支えるのに使った体中の筋肉が、今になって時間差の筋肉痛となって体を蝕んでいる。

腕から背中、そして腰から足まで痛い所だらけ。情けないのだが下手に休むと体が固まってしまい、動くのが億劫になってしまう。

2月末から休みらしい休みを取れずにいるのだから、体が悲鳴を上げているのは無理からぬところである。齢を取れば取るほど言うことを聞かない箇所が増えてくるのが分かる。

とにかくあと少し土壌消毒に入ってしまうまでの辛抱なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸し暑さに耐えながら・・・。

一昨日の雨の影響で(めったに出ない)花シミを出してしまい収量は半減、久しぶりに「やっちまったぜ~っ!」。

気を取り直して残りの畝立てに集中したが、蒸し暑さで吸水と休憩を頻繁に取らないと倒れそうなほど苛酷な環境での作業となった。

機械で土を跳ね上げる仕事は終了。あとはそれではできない箇所(隅とかヒーポン周り)をスコップを駆使して上手に仕上げるのみ。と言うのは簡単だが実際にやるのはなかなか大変。

少しでも早く済ませられればの気持ちで、いつもは2回で作る畝を1回で上げた。おかげで腕とか首筋・肩の辺りが筋肉痛で大変なことになってしまっている。

今日、凸凹をならしてしまえばチューブを引っ張って設置してから被覆し、端を土で押さえてしまえば準備は完了。ピクリンフローを流すばかり。

あと少しの辛抱だ。ガンバレ、俺!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何とかならんか!

このところ比較的涼しくて雨模様の一日と、真夏を思わせるような暑い晴れの日が交互にやってきて参ってしまう。

昨日はびしょ濡れの服を着替えないで車に乗っていたら、モヤ取りのエアコンで冷えて風邪を引きそうになった。梅雨も末期だから余計に不安定な天候になるのかもしれないが、もう少し気温差のない爽やかな気候になって欲しい。(無理やと分かってて言うとります)

人間でさえ対応に苦慮しているのだから、その場所から動けないガーベラは尚更そう思っているに違いない。ヨレないように遮光してあげるくらいしか対処法は見当たらないが、出来るだけ風通しを良くして涼しく感じてもらえるように努力しているが・・・。

改植準備の方は畝立ての真っ最中。順調なら週末にはフローができる予定。早く楽になりたい。(チャバネのつぶやき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連鎖爆発!?

東京出張明けの昨日は前の日までとは一転、梅雨明けすら感じさせるようなピーカン。気温も順調に上昇し29℃近くまで上昇し、疲労困憊かつ睡眠不足の体にはとても堪える一日となった。

収穫が終わった頃、嫁から宣告されたのは「コナジラミが物凄いから消毒して!」だった。なんでも比較的涼しかった土曜日はそれほどでもなかったのが、今日になって「あーら、ビックリ」。あまりの数に仕事をする意欲が失せるほど・・・。

強制手掛けのフルダブルミックスの箱詰め終了後、畝立てをする予定を翻して薬剤散布に踏み切った。ターゲットはコナジラミと同時爆発のマメハモグリバエ。作業していると吸い込んでしまいそうだったらしい。

前回とは薬を替え、イオウFLも使うのでアプローチも加えた。これで収まるとは思っていないが、とりあえず数は減るだろう。2~3日様子を見てダメを押すかもう少し泳がせるか決めようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »