« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

9月も終わり!

明日で9月も終わり。遅れて開花したヒガンバナの赤が目に飛び込んできます。やっぱり今年も暑かったんだね。

それはそうと大型で強い台風17号が真っ直ぐこちらに向ってきます。かなりの確立で直撃されそうな予想が・・・。救いは速度がありそうなので激しい風雨は短時間で過ぎ去っていってくれれば幸いなんやけど。

しかし油断は禁物。強烈な南風、あるいは吹き返しの北風には要注意。まして次週は需要期。1本でも多く出荷したいのにシミを出してしまった!なんてことにならないように、モヤコン等で風を回しておいた方が良さそうですね。

明日の午前中にハウスを回って準備万端の状態で、自然の猛威に対峙しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無理はできません!

今週に入り全体会とか交流会が長引いて、睡眠時間が3時間という日が連続してしまい、体力・気力の消耗が激しく記事を書く気にもなれなかった。

それ以外にもゴタゴタ続きで、いまひとつ調子に乗り切れない部分があるが、そこは得意の空元気で頑張っている。

昔、そう若い時なら一晩寝れば回復したものが、今は下手すると1週間くらい経たないと戻らないことが良くある。激しい運動後の筋肉痛などは、直後は軽く「何だ、大したことないじゃん」なんて言ってると日増しに悪化して、4~5日後が一番酷かったりする。悲しいやら情けないやら・・・。

ルックスも年々醜くなり、いまや完全なるオッサン体型。ウエストの括れなど何処へやら、腹筋のワレなど見るすべもない。額ばかりが面積を拡大、少ない頭髪はごま塩みたいになってきた。毛という毛全てが白色化してくる。

年は取りたくないものだが、せめて気持ちだけはあの時のままに若い人に刺激を受けながらイキイキとしていたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えっ、買ってきたのに打てないじゃん!

新しく購入したキーボードで打てなかったキーを打ってみた。当然、すぐさま問題解決!っと思っていた。

し、しかし、世の中そんなに甘くなかった。やっぱり打てない。どんなに頑張っても入力できねぇ。もう残された道は買い替えしかないのか・・・?

どなたか解決法ご存知ないすかねぇ?ハァ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンが・・・。

パソコンに寿命が来たようで、打てないキーがあったり動作がおかしかったりします。買い替え時なのは分かるのですが、先立つモノが・・・。7年以上も使い続けていれば壊れても文句は言えないっすよね。

知人や息子に相談したら、丸ごと買い換えなくても部品だけ取り替えれば何とかなりそうなことを教えてくれました。

とりあえず明日ショップへ行ってみます。上手く問題が解決することを祈りながら眠りに尽きたいと思っています。では、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この間植え終えたばかりなのに・・・。

9月もアッという間に半ばを過ぎ、お彼岸も間近になってきた。

これからの時期、我々生産者の間で話題になるのは各種苗会社で行なわれる品種展示会。

来期植える品種をリストアップして作付け計画を作成しなければならないからだ。当然部会の決まりごとをクリアしつつ、自分好みのものを植えたいから頭を悩ませる訳。

最近では新品種も目新しさ・斬新さは極力抑えて、生産性と品質を兼ね備えた優等生ばかりで魅力に欠ける場合が多い。

種苗会社でも採算重視である程度計算できるものしか保管しなくなってきたので余計に厄介だ。作りたくても苗が供給されないことには始まらない。

暫くの間は頭を悩ませる日々が続くことになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最愛の○○が帰った後は・・・。

この3連休を利用して帰省した息子の世話を嬉しそうにする嫁。同じく東京に出掛けていった娘も嫉妬するほどの溺愛ぶり。やはりお腹を痛めて産んだ子は特別な存在らしい。

買い物や食事も一緒に出掛け、普段会えないことで生じる隙間を懸命に埋めているようにも見えた。

蚊帳の外の親父は冷遇にもめげず、手掛けに防除に精を出すのであった。矛先がこっちへ向けられないように大人しくしていようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前はもっと当たってたよーな・・・。

最近の天気予報は当たらないことが多い。事実、今日だって[曇り時々雨]って言っといてほとんど降らないし、どう贔屓目に見ても[曇り時々晴れ]でしょ!?

農業って自然相手の仕事だから天気には敏感にならざるを得ない訳で、頼りにしている予報が空振りすることが多いと収量にも影響で出てくるし、収入に直結することも少なくないので。

かといって外れた責任取ってくれるはずもないし、歯痒さだけが残るとです。(急にヒロシ調)まあ地球全体規模で温暖化が進んでるから、今までの常識が通用しなくなってきていることも確かかもしれないけど、それでも最新技術とデータを駆使して当てるのが予報官の務めだと思うのですが?

[嫁の機嫌と秋の空]って言いますし変わりやすいのは充分分かるんですがね。もうちっと何とかならんかなあってのが正直なところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでもいい些細なこと!

あのー、暫く前にパンツが少々くたびれてきたので浜松唯一のメガドンキでボクサーブリーフを購入したんですわ。そしたら、それがローライズタイプのやつでいまひとつしっくり来なくてイライラしとったんよ。なんかすぐずり落ちそうで不安で仕方ない感じが常になっておったんす。

わき腹のお肉or皮下脂肪がそうさせているという声も届いていないわけではないのですけど、とにかく不安定な履き心地は気が付くとストレスに変わり、落ち着いて仕事をすることもままならなくなってしまっていたんです。

折角買ったパンツでしたが潔く捨て去り、本日、念願のボクサーパンツを○ニ○ロで買ってきたのでした。そういう訳でもったいないですけどローライズのやつは退場処分とし、買ったばかりのオニューパンツが替わりに定位置を奪い取ったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラク戦!

結果が全ての試合だった。内容はどうあれ勝ち点3を取れてグループ首位(勝ち点10)をキープできているので良しとすべきなのだが・・・。

しょっぱなから若手中心のメンバーで挑んできたイラクにヒヤッとする場面が度々あって、川島のスーパーセーブなくして勝利の女神は微笑まなかったに違いない。

今野・栗原・内田が出場停止のためCB吉田の相方には伊野波が入って守備の不安が懸念されたが、それより長谷部と遠藤の出来がいまひとつだったように思う。

特に長谷部はドイツの所属チームにおいてレギュラーから外れ、試合に出られない日々が続いている影響で試合勘の鈍りが目に付いた。

遠藤については相手のマンマークに遭い、思うような球出しができず攻撃に絡む回数も少なかった。やはりスイッチを入れる人が活躍できないと、試合全体のテンポが少しずつずれて遅くなっていくのが気掛かりだった。

そんななかで唯一の得点シーンを演出した駒野・岡崎・前田のコンビーネーションは見事の一言。かなり練習していたようだが実践でそれを生かせるのは選手たちのレベルが上がっている証拠だと思う。

当面のライバルと目されていたオーストラリアが負けて独走状態となっているザックジャパンだが、これからはアウェーが続くので体調管理に万全を期してさらに勝ち点を積み重ねていって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご苦労様!

品質委員会メンバー4名が、なにわ花いちばにおける[弾丸ツアー]を終えて帰ってきた。前日の16時に出発、箱開封検査は勿論、担当者との会議も精力的にこなして帰還。寝る間もなく今日の花採り。本当に頭が下がる。

メンバーから聞いた概要によると、多産地との差は殆どなく、良いものとそうでないものの差が大きいところが問題とのこと。

共選をうたっている以上、どの箱を開けても一律で差がないことが第一に求められる。生産者が違えばハウスも、土壌も違うのだから同じようには出来なくて当たり前!なんて開き直るのは愚の骨頂。ユーザーが安心して購入できるようにするのが産地の責任だ。

理想に近づけるにはまだまだ時間が掛かりそうだけど、一歩でも前進できるよう部会員全員で努力を継続し続けようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今秋最初の需要期!

とても秋とは言えない最近の日差しの強さ、気温の高さ。(ちなみに最高気温は32.8℃でした)空気が澄んで湿度も低めのせいか、余計に眩しく肌を刺すような感じがする。

そんな中、迎えた今秋シーズン最初の需要期。先週からの予想通り、需要にモノが追いつかず「出したくてもタマがない」状態だった模様。

新聞相場も一気に4,000円台まで跳ね上がり、全国的な品不足を窺わせた。もう少し涼しくなれば、そしてもう少し早く定植できていれば・・・といつも思うのだが後の祭り。

そんなこんなしているうちに来月頭には各種病会社のフィールドトライアルが開始され、来シーズンの作付け品種選定がスタートする。

ついこの間、植替えが完了したと思っていたのも束の間、また品定めの季節がやってきた。年々時の経つのが早く感じるのは齢のせいか?それとも・・・。今年こそはいろんな意味で失敗せず、正しい選択をしていきたいと心に誓うチャバネであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと整ったので・・・。

ここ数日は光の工事でネットが使えなかったのでアップもできなかった。今夜、ようやく初期設定も完了、無線ランで家中何処でも(ネットに)繋げられるようになった。

もう寒い日にブルブル震えながらキーを叩くことも、洗濯機の騒音に耳を塞ぎつつブログアップすることもなくなったと思うと感慨深いものがある。

ただXPなので速度はそんなには早くならないと業者の人にダメを押された。それでも私のネット環境からすれば格段の進歩と言える。サクサクできなくても私ぐらいのオッサンにはちょうど良いスピードなのかもしれない。

気持ちも新たに無理をしない程度に頑張らせてもらうので、今まで以上にご指導、ご鞭撻の程を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡魔との闘いの果てに!(後編)

結局3次会が終了したのが午前1時。それから帰って寝たのが2時半頃だから、本日(8日)の睡眠時間は3時間半くらいかな!?

集合時刻まで花採りをして、汗を拭き吹き着替えてから役員全員で市場の連中が宿泊しているホテルへお出迎え。込み上げてくるあくびを、その度に我慢してやり過ごしながら待つこと1時間余り。やっぱり彼らもお疲れなのねということで、予定時刻より弱冠遅れつつ二日目現地視察のスタート。

いつも観ているPCの周辺ハウスでは面白くないので、行ったことのない佐藤農園さんのロックウールのところへ。部会でも1、2を争うであろう出来の良さに見学者たちも満足げ。やはり現場を見ていただかないとね。

次の目的地はFP(フラワーパーク)内にあるオリジナル品種選抜圃場。日差しは弱いもののかなりの蒸し暑さの中、お気に入りを探し、見つけたら申告して目印を付けて回ってもらった。この中から未来のPCを背負って立つ看板品種が産まれることを期待したい。

食事後、車で来られた金沢・名古屋・浜松の担当者とは駐車してあったPCでお別れ、後の方たちとも浜松駅でお疲れ、これからも宜しくの堅い握手を交わし全ての日程を終えた。大きなトラブルもなく参加者の皆さんとも充分に意見交換が出来たように思う。販売会議の全てに携わった企画委員長と委員の皆さん、そして販売会議に参加した全ての方に御礼申し上げます。

皆さん、お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡魔との戦いの果てに!

第22回浜松PCガーベラ販売会議が無事、終了した。

部会長として迎えた自身2回目の販売会議。一番力を注いだ冒頭の挨拶。テーブルがなくメモが置けない状況を逆手に取り、初めに資料を見ながらになることを公言。上手く話すことより気持ちが伝わるように話したつもりだが果たして・・・。

ワークショップ(分科会)では東西2大出荷先のなにわ花市場と大田花きを囲んで、PCの現状(質・量)や改善点に対してかなり突っ込んだ意見交換を行なった。

責任産地を自認する以上、名実共に高品質で欲しい時に荷が揃う(現実的には難しいが)産地になって欲しいと両社からの要望は一致。もう一度原点回帰して自分自身の品質を謙虚に見直すべきと感じた。

北から南まで、全9社の担当者と連携を確認。激しい応戦もお互いの売り上げアップのためと割り切って丁々発止の舌戦を行なった後は、恨みっこなしでお酒と地元食材を用いた美味しい料理を味わいながら和やかな雰囲気で歓談。

暫くはじっとしていたが、すぐさま各テーブルへ移動しさまざまなお相手と喋り込んだ。めったにないこのチャンスを逃すものかと意気込む生産者と市場担当者との熱いバトルは、時の経つのを忘れさせるほど。アッという間にお開きのお時間になり、2次会、3次会と日付が変わって意識が遠のいてもエンドレスで続いていった。

   (続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ明日に迫りました!

PCガーベラの年間行事の中で最っとも重要視されているのが[販売会議]である。各市場の担当者を呼んで、じっくり腰を落ち着けた話し合いを!というのが今回のテーマのひとつ。最近は花屋(小売店)との交流が多く、市場と突っ込んだ議論をしたことがなかったため、[原点回帰][初心に帰る]をテーマに掲げてきた。

明日の本番を前に、部屋を彩るガーベラを使ったアレンジを奥様連中に作成してもらった。暫くブランクがあるとは言え、さすがはベテランアレンジャーばかり。あれよあれよという間に規定の数だけのアレンジを作り切ってしまった。(アザース)

丁寧にお礼を述べて下の喫茶店でお茶してもらい、明日への活力を漲らせ、もう一日頑張って欲しい意向を伝えた。

さあ、いよいよだ!明日の私のお役目は、挨拶をしっかりすること。それさえ無難にやり過ごせば後は野となれ山となれ!お役御免で・・・。とにかく分かり易く元気ハツラツな態度で全力投球のつもりで頑張りますから。

120906_153602

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全てはタイミング!

世の中万事タイミングが肝心!というのは、誰もが感じていることだと思う。仕事も恋愛も、あの時○○していれば・・・は良くある話。

チャバネ家では嫁の機嫌の良し悪しを見極めて、今なら大丈夫というタイミングを見計らって言い難い話題(泊まりの出張とかハウスへの投資など)をぶつける。

大抵はこれで上手くいくのだが、たまに予想外の展開で火に油を注ぐ結果になってしまうこともある。そうなった時は覚悟を決めて謝るか、意地を張り通して向こうが謝罪するまで口を利かないかどちらかである。

仕事上、毎日顔を合わせるパートナーなので険悪な状態はなるべく短期間で解消したいのが人情。殆ど私が折れて和解するパターンが多いのは惚れて一緒になった弱みか!?

これからは販促で家を空けることが多くなる。ちゃんと根回しをして機嫌を損ねずに行ってきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張っている人は美しい!

先週末、県主催の花きセミナーに出席した。講師の一人のSさんは昔からの顔見知りで、青山FM時代には年に何度も訪問し合うほど親しくさせて頂いていた事を思い出す。

その当時からバイタリティー溢れる行動力と頭の回転の良さ、そしてなにより相手を思いやる優しさにはいつも癒されることが多かった。

ご結婚後は子育て等もあって一線から遠ざかっていた時期もあったようだが、最近では花業界以外からも注目されるライターとして、またその経験談を伺いたいというリクエストの多さから講演依頼も後を絶たないらしい。

花業界フットサル大会等でお顔は拝見していたので、それほど[久しぶり感]はなかったのだが、懇親会の席で直に話してみるとやっぱりホッとする。アレだけの人なのに我々のような名もない生産者に対しても同じ目線で接してくれるのは素直に嬉しいものだ。

黒のスーツでビシッと決めた姿は[出来る女]そのもの。今後もエネルギッシュな活躍に遠くからではあるがエールを送ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »