« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

ラジオ生出演!

焼津松風閣で行われた農業経営士会総会にSBSラジオの人気番組[Wテツのらぶらじ]がやってきて、多岐にわたる農産物を紹介、静岡の農業事情をリスナーに向けて発信してくれた。

初めての試みで、途中、我々生産者が好き勝手な行動をとる場面もあり、パーソナリティーのお二人はさぞかしやりにくいだろうなぁと思った。しかし何食わぬ顔で淡々と番組を進める姿にはプロの風格みたいなものが感じられた。

ステージの周りはバラ・クレマチス・スプレー菊・デンドロビューム・ガーベラなど、美しく咲き誇る花々で彩られ、いくつか用意されたテーブルには、畜産物・かんきつ類・メロン・イチゴ・ワサビ・お茶などが所狭しと並べられていた。これがTVならと思わずにはいられないほど見事な展示物の数々であった。

いろいろと問題点もあったが、ラジオの前の皆さんに農業現場の一端が届いたとすれば、このトライは成功といえるのではなかろうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天候には勝てません!

この土・日、浜松市フラワーパークで開催された[浜松市農林水産祭]に参加する機会を与えていただきました。

今回はアレンジメントの実践と切り花販売を主軸にしたブースを設けたのですが、26日の浜松は強風と極度の低温(最高気温5℃)で客足が伸びず、思わぬ苦戦を強いられました。

午後2時過ぎからは人影も疎らになって、露店の中には早々と店じまいするところも現れる始末。建物の中に居られる私たちはまだ幸せな方だったのかもしれません。

リベンジに燃えた今日も、人は通るもののなかなか財布の紐は堅い感じで売れ行きはいまひとつ。一足先にアレンジが予定数量をクリア、あとは切り花のみ。それでも終了間際までにはなんとか売り切りホッと一息。春の訪れが待ち遠しい2日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚おめでとう!

数年前、新卒の若者がPCの販売担当として赴任してきた。ヒョロッとスリムな体型でいかにも現代っ子(死語か?)見えた。聞くところによると中学までサッカーをしていたとのこと。すぐフットサルのメンバーに入れ、大会に備えた。

ところが大会当日の集合時間になっても彼だけが現れない。心配になって電話するとまだ自宅にいて、すぐ向かうとの連絡が・・・。後になって分かったことだが、ガチで寝坊してこちらからの電話で起こされたらしい。

普通なら新人が遅刻して年上の生産者を待たせるなんて、ボコボコにされてもおかしくないのになぜかそいつは飄々として(実際はビクビクだったらしいが)、本番の試合でも大活躍。一躍、仲間として認められた。

その当時から大物ぶりを発揮していた彼は、その後メキメキと販売担当としての力量を蓄え、今では無くてはならない存在としてPCガーベラを支えるようになった。

そんな彼が明日、結婚式を迎える。いつも年の離れた弟のように接してきた私にとってもこの上なく嬉しい出来事だ。束の間のお休みを新婦と共に満喫して、心身ともにリフレッシュして戻ってきて欲しい。

鈴木滋くん、結婚おめでとう! ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眺め抜群!

農業経営士認定式で3回目の訪問となる静岡県庁。前の2回は、いずれもガーベラ記念日(4/18)絡みで県知事へ花束贈呈という大仕事の時。何回か来ているからか緊張もなくセレモニーをこなした。

特筆すべきは昼食を食べた最上階16階にある食堂(レストラン?)からの眺望が抜群なこと。窓側のテーブルからは静岡市内が一望できる。ひとつ心残りなのが、美味しいと評判のカレーを食いそびれたことか!?

来月にかけて数回訪れるであろう県庁所在地ではあるが、ここに来られるかどうかは不透明なだけに余計に悔いが残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうかもしれない!?

先日、キャップ掛け作業をしているところに訪れたのは農済の名物女子Gさん。地元では、おそらく知らない人はいないくらい有名人なのだ。

まずそのルックスがインパクト大。ぜったいバスケかバレーをやっていたであろう170㎝を超える長身にミニスカート。そしてよく通る声でこれまたよく喋る。

仕事もできて女性管理職としてバリバリ活躍している、そんな大先輩が挨拶を兼ねてやってきた際に嫁と年齢の話になって一言。

「大丈夫!○○子さんなら熟女キャバクラで充分通用するから!」一呼吸おいて嫁と顔を見合わせ思わず爆笑。そうか、熟キャバか。そっちで稼いでくれればあくせくガーベラ作らなくて済むかも?とちょっとマジに考えてしまったチャバネであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベント準備開始!

約1か月間にも及ぶ浜松市フラワーパーク(FP)でのイベント準備が本格的にスタート。昼間は女性部がガーベラをふんだんに使ったアレンジメントを作成。それらの展示を含めた会場設置を夕方から部会員総出で行った。

添え物のグリーンは経費節減のため市場購入は止め、ファーマーズや現場のFPから調達したり、各生産者が自宅にあるものを持ち寄って集めた。

展示期間中には消費PRも兼ねたアレンジ教室や切り花の販売も予定されており、トータル的に[花のある暮らし]が生活の一部になるように薦めていきたいと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう笑うしかない!

3連休中日の穏やかな日曜日。何処へ行っても混むのは分かっていたが、嫁との約束を果たすべく車を西へ。

東名から伊勢湾岸道に入り、最初の目的地であるアウトレットへ向かう。出口手前で案の定渋滞(3キロ)。強引に割り込んでくる家族連れの車に苦笑しつつも、どうにか施設の駐車場へとたどり着く。

車もいっぱい、人もいっぱい。先に食事を済ませ、あとは別行動。お互いにお目当てのショップをグルグル。定期的に待ち合わせ場所で落ち合って一息ついて、またグルグル。なんだかんだで夕方近くに。

そこからシャトルバスで第2の目的地へ。東海地区最大規模のふれこみのイルミネーション見学。施設に入ったはいいが物凄い人出にびっくり。すし詰めの満員電車状態が隊列をなして少しずつメイン会場へと進んでいく。もはや自分の意思というより、流れに身を任せた大海の笹船のようだ。

混み過ぎて人の頭しか見えないので少し高いところへ移動したものの、誰も考えることは同じでここも大混雑。徐々に前に進み、何とか携帯で写真を撮った。一通り見てもういいと出口付近のレストランへ。ここも順番待ちすること数十分、ようやく中に入れた。

混むとは分かっていたつもりだったが、現実は想像以上に厳しかった。でも満足そうな嫁の笑顔を見れたから良しとしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よろしくお願いします!

静岡県西部農業経営士会総会に出席した。30代の頃、青年農業士として活動を共にした旧友たちとの再会が一番嬉しかった。他にも若い頃、お世話になった行政の皆さんの顔が見られたのも収穫だった。一日も早く先輩方に追いつけるように精進していきたい。

その時の研修会で地元で7年連続増収増益のSM(スーパーマーケット)のヘッドの方の講演を聴く機会があった。

店内のレイアウトの秘密(マグネットと呼ばれる、客を引き寄せる生鮮物・惣菜等)や、6白(ろっぱく*食パン・豆腐・牛乳・卵・うどん・白菜)と呼ばれる品物の値段がその店の印象(高いか安いか)を決めるなど、思わず「へぇ~」と唸ってしまうことばかり。

最後に講師の方の座右の銘にしている格言をご紹介。

[最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるのではない。唯一生き残るのは、変化できるものである。(チャールズ・ダーウィン)]

あなたが "できる"と思おうと"できない"と思おうと、どちらも正しい。ただ結果が違うだけだ。(ヘンリー・フォード)

そうか、いつでもどんな時でも前向きに変われるようにしないとダメだってことやね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

算数は苦手だけど・・・。

人を笑顔にする算数。

助ける(+)・引き受ける(-)・声を掛ける(×)・労わる(÷)。 誰が考えたか知らないけど、上手いこと言うなあ。

算数は苦手なんだけど、これなら少しはできそうな気がする。

デジタル全盛で、機械がコンピューターが何でもやってくれる世の中でも、それらを操るのは人間。人と人とがもっともっと分かり合えば、今の何倍も豊かな世界になるのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年PCでの初仕事!

お正月恒例の浜松PCガーベラ初荷分荷作業。部会員全員・農協担当も早出で各市場に荷物を振り分け梱包作業を行う。

まず初めは全員で箱開封検査した後、量の多いピンクから順に出荷先ごとに仕分ける。箱を4つづつ梱包する係、レーンに指定された品種を運ぶ係、梱包された荷物をチェックする係など、本当に全員が担当の指示どおりに作業に専念。

トラックが到着すれば人海戦術で1梱包ずつ荷台へ運び上げてサポート(お正月特別サービス)。こうしておけば運送会社の皆さんも一年間、気持ち良く仕事してくれそうな気がするでしょう!?

細かい伝票や箱への記入ミスはあったものの、ほぼ滞りなく終了。まずは幸先良いスタートと言えるのではないかな。明日から通常営業のPCのほうも順調な作業開始となることを期待しつつ解散したのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »