« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

今日もスカッと[半沢直樹]!

めったにドラマを観ない、ゆえにハマらない私が、今回ばかりは始まる前からワクワクしているドラマがある。

[半沢直樹]TBS系の日曜9時~放映中、視聴率もウナギ登りで常に20%後半をコンスタントに記録。

本日から開始の後編(関東編)では宿敵との戦いの火蓋が切って落とされた。ネットで観た記事によると、作者は「銀行を舞台にした時代劇」と評しているらしい。

正義の味方とそれに力を貸す善人たちに対して、下っ端から頂点までワルの神髄を身をもって表しているような悪党ども。

事態は二転三転して窮地に立たされることがあるものの、最後には仇を倒し正義を貫く。話としては分かりやすく、現実には出来そうもないことがやれてしまう爽快感も魅力の一つ。

実際の世の中もドラマのように[勧善懲悪]ならいいのに、と思うチャバネであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田ばかり責められない!

またまたウルグアイ戦関連のお話。

誰が見ても分かる様なミスが失点に直結したため、守備網崩壊の全責任が吉田に浴びせられているが、それは酷というものだ。人間だもの、調子の良い時も悪い時もある。彼だけが悪かった訳ではないのだから。

例えばGKの川島。1点目と3点目は仕方ないにしても、2点目のフォルランのフリーキックは逆をとられて一瞬動くタイミングが遅くなったのにお気付きだろうか?初めからしっかり反応していればはじき出せたと思う。

さらに4点目は不用意に飛び出したものの、ボールに触ることができずに繋がれてヘッドで叩き込まれた。キーパーは出たら必ず触って大きくパンチ、あるいは外へ出さなければ失点に繋がる危険性が増す。前回のW杯直前から彗星のように現れた川島。トレードマークの[ドヤ顔]だけではゴールは守れない。

2回に亘っていろいろ言ってきたが、すべては[愛情の裏返し]。応援するからこその苦言と理解してさらなる成長を遂げて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代役がいるならとっくに替えている!

お盆真っ只中の代表選、しかも相手は前W杯4位のウルグアイ。南米予選で苦戦をしいられているせいか、日本を[相手にとって不足なし]と評価してくれたのか定かではないが、現時点でのベストメンバーで来日してくれたことに感謝の意を表したい。

さて試合結果は皆さんご存知のように、守備陣がボロボロで大量4失点を喫し2点を返したものの文字通りの完敗。全力を尽くしてもこの様かと言いたくなるほどミスが得点に絡み無残な結果となった。

名指しで糾弾されても仕方のないのがCBの吉田。1点目はラインコントロールに失敗し易々と裏を取られ、3点目は相手にパスするような中途半端なクリアを決められた。

[高さはあるが動作緩慢で足が遅い]のを読みの良さと周りとの連携で凌いできたが、このところのプレーは不甲斐なさ過ぎる。先のコンフェデ杯でもこれで代表のCBか?と目を疑いたくなるようなシーンの連続。余程のことがない限り使ってきたザックもついに堪忍袋の緒が切れたか、故障でもないのに途中交代を命じた。

し、しかし吉田の代わりはいないに等しい。闘莉王にしても中沢にしてもピークはとっくに過ぎている。あと10か月後に迫っているブラジルW杯に向けてザックはどういう手を打つのか?問題山積みのサッカー日本代表の今後は如何に!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身の危険を感じる暑さ!

7月の梅雨明け直後に38℃を記録して以来、しばらく落ち着いていた今年の暑さ。あれからちょうど1か月余り経った昨日、ついに39.8℃というインフルエンザによる高熱か?と間違うほどの最高気温を記録してしまった。

日曜日ということもあって早朝から仕事はしなかったが、家を出た8時頃には既に凄まじい体感温度であった。温室の裏の生い茂っている草をどうにかしようと奮闘したものの、10時過ぎに耐え切れず帰路に着いた。

普段なら両側の窓を全開にすれば暑いなりに涼しかったものだが、この日の風は身の危険を感じる熱風にほかならなかった。

このまま浜松が亜熱帯化しないことを切に願うチャバネであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ちたくないなら・・・。

東アジア杯中断後のジュビロは浦和、名古屋に良い戦いをしながらも結果が伴わず連敗。17位という位置にいよいよ固定された感がある。

このままだと間違いなくJ2陥落への道をまっしぐら!やっぱり監督を変えただけでは病は治らないようだ。

あくまで私的な考えとして前田・伊野波・川口をスタメンから外して将来性のある若手中心で行くか?もしくは点の取れる外国人選手を引っ張ってくるかしかないような気がする。

チームとして前田に気を使うのは分かるが、この期に及んではなりふり構わず勝ちに行く体制を整えた方が良いと思うのだが。伊野波はどうしても好きになれないし、川口には失礼だがもうそんなに頑張らなくていい。

ということで、いよいよ土俵際の戦いが続く8月。地元ファンの一人としてJ2のジュビロは観たくないし落ちたら二度と上がれないような予感がする。スタッフを含めたチーム全員の奮起に期待する!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »