« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

年内出荷は今日まで!

明日の関東止め市向け出荷も無事終了し、束の間の骨休め(実際にはやる事いっぱい)期間に入る。

今年は自分のミスから株の状態が悪化、収穫本数が伸び悩み散々な結果を残してしまった。

猛暑の影響も後々まで尾を引き、相対的に見ても低調な一年だったというほかない。

来年こそは良い年になるように心体ともに引き締めて、何事に対しても謙虚な姿勢で臨みたいと思っている。

とりあえずは[年末ジャンボミニ]が当選してくれることを期待して、やり残しの無いよう2013年最後の三日間を全力で駆け抜けたい。

最後にこのブログを覗きに来てくれた皆さんにとって、来年もより良い一年になりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大満足の最終回!

 毎回欠かさず観ていた[リーガルハイ2]。部会忘年会と重なってライブでは無理だったものの、翌日早速視聴した。

前々回までは、あまりにオチャラケた表現が多く、お世辞にもパート1より面白いとは言い難いものであったが、前回からグッと盛り上がってきて最終回では今までの伏線が見事に繋がり、アッと驚く展開もありで大満足の最終回となった。

ハチャメチャだが裁判では絶対負けない金銭欲の強い弁護士役の堺雅人の演技、毎回のようにある法廷での長セリフシーンは圧巻の一言。

最大の敵を言い負かす場面は、観ているこちらも拍手したくなるほどスカッと爽快だった。パッと見、強欲で口の悪い最低の男に見えるが、実は同僚のことを誰よりも大事に育てようと思っているところなども垣間見れ、懐の大きさも感じられた。

とは言っても所詮はコメディーなんで、単純に観て面白ければそれでいいと思う。次作があるかどうかは分からないが、期待せずにはいられないそんなドラマであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間ドック再検査その後!

先の人間ドックにて胃の内部に怪しい箇所があると指摘され再検査が必要との宣告を受けた私は、後日、胃カメラによる精密検査を受診したところ衝撃の事実が・・・・。

心配された癌は幸いにも発見されなかったが、医師は[慢性胃炎・ピロリ菌陽性]との所見。ピロリ菌は日本人の約半数が保持しているとされていて、駆除しないと癌の発症リスクが格段にアップするらしいのだ。

ということで現在、私は朝夕8錠ずつ薬を飲み、来春2月に投薬治療の効果を確認するテストに向けて奮闘中なのであった。

皆さんのお腹の中にも何かいるかもしれませんよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯ブラジル大会、組み合わせ決定!

来年6月に開催されるサッカーW杯ブラジル大会の組み合わせが決定した。

日本はグループCに入り、初戦をコートジボアール、2戦目をギリシャ、3戦目をコロンビアと戦うことになった。ランキングでは日本よりはるかに上のチームばかりだが、決定的な強さを誇るチームはいないだけにグループリーグ突破の可能性が高いとみる向きもある。

高温多湿な北部沿岸部で1・2戦を、内陸部で3戦目ということで、移動距離も少なく試合順も良い(らしい)。

[取らぬ狸の皮算用]的な見方をすれば、初戦で相性の良いアフリカ勢に勝ち、勢いに乗って高温多湿の環境に慣れていないギリシャを撃破して、最も厄介な相手コロンビアとはドローでトータル勝ち点7でベスト16入り!ってところか!?

まあ[死の組](強豪国ばかりで勝ち抜くのが容易でない)に入らなかったことだけでも良しとし、これから相手を調べ上げて準備だけは万全にしておく必要があるだろう。あとはチーム一丸となって相手国に立ち向かって行けば、おのずと結果は付いてくると思う。

最後に、過剰な期待はチームに要らぬプレッシャーとなって跳ね返ってくるから、マスコミは必要以上に国民を煽らず、冷静かつ公平な報道に終始してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり今年は・・・。

2年ぶりに人間ドックを受診した。

この歳(53)になると悪い所の一つや二つあっても不思議ではない。事実、脊柱管狭窄症で左下半身は痺れるし老眼のため暗い所で小さい文字は見えない。入れ歯はないがまともな歯は数えるほどしかないし、髪の毛はますます・・・。

血液を採るピックの調子が悪くて手間取ったり、肺活量では気合を入れた一発目が測定ミスで再チャレンジとなった。

胃レントゲンでは台の上で3回転させられ、最後のほうでお腹を押されてゲップが出そうになるのを必死でこらえる羽目に。

とどめは胃の腸に近い部分にしわが目立つから念のために再検査でカメラをと諭された。本当に今年は良いことがない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »