« 2014年4月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

フィールドトライアルじゃあーりませんか!?

早いもので明日から10月、今年も残すところあと3ヶ月ですよ。例年より少し早めに開花した金木犀のかぐわしい香りが秋の到来を告げていますが、何かキモチ急かされているような感じがするのは私だけでしょうか?

今週は来年作付する品種の目星をつける品種展示会(フィールドトライアル)が各種苗会社で開催されます。いつものことながら、やっとこの間改植が終わったと思ったらもう翌年の植え替えを考えなきゃならないなんて・・・。

とはいえ収入に直結する品種選定ですから、真剣に見定めなければなりません。忙しいとかめんどくさいなんて言ってる場合じゃないんです。

まず株を観て、花・ステムを観察し、尚且つ自分の好みに合うガーベラを探します。後は実際にオランダへ出かけて実物を観ている各担当者や試作されている方など、様々な人の意見を集めて総合的に判断するわけです。

とまあエラそうな事書いてますけど、実はまだ何坪植え替えるのかさえはっきりしていない現実がありまして、まずはそこを決めないと・・・。秋の夜長、あーでもない、こーでもないとボケ防止も兼ねて気長に考えることにしますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲喜こもごもな日曜日!

 航空自衛隊浜松基地で行われるエアフェスタに向かう車で、浜松西IC出口では上下両線で早い時間帯から渋滞ができていた。ここ数年、天候に恵まれなかったファンたちの熱い熱気を感じた。

熱気と言えばアジア大会のサッカー男子は、準々決勝で本気モード全開の韓国に0-1で惜敗。テレビで見る限り、あのPKの判定は厳しいと感じたけれど完全アウェーだからしかたない。頑張っていた選手たちには少し気の毒だった。

一方、名波新監督を迎えて背水の陣を取ったジュビロはホームで愛媛FCに2-0と完勝。上を行く松本が破れて勝ち点差は5に。プレッシャーをかけるには勝ち続けるしかない名波ジュビロ。今日一番ホッとしているのは新監督本人ではなかろうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュビロ、お前もか?

 ジュビロに衝撃が走った。

なんとシャムスカ監督をここへきて解任、後任にジュビロ黄金時代の名MF、日本代表でも名を馳せた名波浩氏を招へいしたと発表。

これで残りの試合を負けなしで2位争いを激化させるか、はたまた「旗振れど動かず」となって昇格見送りとなるか。

選手も目の色変えて試合に取り組めばいいけど、それだけじゃJ2では勝てない。守備の崩壊したチームを立て直すのは正直、至難の業だと思う。

もうこうなったら天才レフティーの神通力にすがるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひょっとすると・・・ひょっとするかも!?

J1の古豪のひとつである清水エスパルスが、降格の危機にさらされているのは周知の事実であろう。清水東出身の3羽ガラス、堀池巧・長谷川健太・大榎克己らの活躍で、ベルディ川崎、鹿島アントラーズ、横浜マリノスなどと常に上位争いを演じていたチーム。

それが今シーズンは開幕から成績がパッとせずゴトピ監督を解任、先に登場した生え抜きの大榎氏に命運を託したものの成績は低迷。現在は完全に降格圏内に入り込み、もがき苦しんでいる状況なのである。

個人的な見解だが、数年来、安定した戦いで選手たちにも信望の厚かったゴトピ氏の首を切ったことからチームがバラバラになってしまったように思う。選手たちにも責任はあろうが、どちらかというとフロントの場当たり主義的な人事で傷口を広げてしまった感じがする。

このままだと来季のJ1からは静岡県内チームが消えることになるかもしれない。これってサッカー経験者としては結構ショック。J2でダービーやってもねぇ・・・。この予想が外れることを願いながら、今後の両チームの健闘を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況報告!

嫁はそれなりに元気ですよ。仕事は一切しないし、家事もやってるうちには入らないくらいのことしかしてませんが。

心配して下さる方々には本当に感謝してます。特に元部会員Mさんの奥様には何度も励まされてお礼の言葉もないくらいです。

忙しさと不安とイライラで心が折れそうな時、彼女のメールで何とか立ち直れたこともありました。

わざわざハウスに立ち寄り、いろいろアドバイスをいただいたこともありましたね。その時も「余命宣告されたわけじゃない。まだまだ二人でやらなきゃいけないことがたくさんあるでしょ。」と叱咤激励されたのを覚えています。

今は共倒れにならないようにするのが精一杯ですが、いつか嫁が本当の意味で目を覚まし、現実の自分と向き合えるようになる日をじっと待っていようと心に誓っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文字で表現するのは難しい!

品質委員会の主な活動の一つ目揃会。恒例的に春・秋に開催され、参加者も50人を超えるビッグイベント。主たる目的は生産者・生産者の家族・パートさんなど花を採る人全員が一堂に会して、パッキングセンターに持ち込んでも良いレベルの見極めをすることにある。

当然、項目ごとにサンプルを用意して実物で良し悪しを確認するのであるが、それを文章化したものが品質・出荷基準になる。

例えば咲き前だったら[(花芯のオシベが)0.1~2.0周で花弁の伸びきったもの]とか、Wステムだったら[ステムの真ん中の窪みが浅くしっかりしているもの。ただし捻って亀裂が入るものは不可]というふうになる。

ただ、言葉というのは人それぞれ受け取り方が違う場合が殆どで、意味合いを軽く受け取る人や反対に重く受け取りすぎる人もいる。こちらが考えているとおりのニュアンスで伝わることの方が稀だと思っていた方が間違いは少ない。

部会ではさらなる品質レベルの均一化をめざして、基準を厳しく改訂したばかり。それが一日も早く採花者全員に浸透するようにするのが私たちの務めなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は早い?かも!

月初めにはまだまだ勢い良く鳴いていたセミたちもスッカリ大人しくなった代わりに鈴虫やコオロギ、クツワムシといった秋の虫たちの鳴き声が全盛だ。

田んぼの畔には鮮やかな朱色の彼岸花が咲き始め、黄金色に色づき始めた稲穂とのコントラストがきれいである。

北海道の旭岳では例年より早く初冠雪を記録したとのこと、どうやら今年の秋は早足でやってきそうな気配。

夏の間ちっとも良くならなかったガーベラの茎も、夜温の低下と共にWや空洞が少なくなり、いつの間にか硬く締まった状態に変わってきた。

二年株の花や蕾はまだまだ少ないけど、それなりに増えているのでホッと一安心。葉かきなどの管理を徹底して、来る晩秋、そして冬、さらには来春に向けてガンガン出荷できる態勢を整えておきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまにはガーベラのことを書こう!

日照不足、あるいは過遮光のためか、しばらく前まで全く花が少なかった。特に2年株はまるで茶畑のように葉だけが繁り、株元を覗いても蕾がチラホラ見えるだけ。

今年植えた品種もWステムや奇形花ばかりだったり、茎がスカスカでとても出荷できる状態ではなかった。

それが、ここへきて少しずつではあるが、出せる花が増え始めた。先週末の3連休、そして今週末の飛び石連休とブライダルを含めた需要期に突入。相場も上昇、今までの借りを返そうとあくせく働く毎日が続いている。、

労働力には不安があるが、4月から手伝い始めた息子に多くを望むのは酷というもの。その分、復帰してくれたパートさんが頑張ってくれているし、自分もなるべく早起きして少しでも早く採り終えるように努めている。

消毒や葉かき、そして日常管理と目が回りそうな時もあるけど、忙しい方が集中できて効率が良くなったりするので、あまりブルーにならずにやれている。

そうこうしている間に、もう来年の植え替えを考える時期になってきた。何処を改植して何を植えるのか、苦しくも楽しい日々が待っている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やったね、香川!

ドルトムント香川、復帰戦で見事なスルーパスで先制点を御膳立て。さらに1ゴールを挙げて存在感を示した。

映像を観たら、どれだけサポーターに愛されているかが分かった。あの「シンジ~カガワ~」大合唱はファンと選手に強い信頼関係がないと起こりえない。

マンUで不遇の時間を過ごし、失った自信を取り戻す最高のスタートが切れた。後半、脚が攣って交代したのもご愛嬌。これからトレーニングを重ねて体力が回復すれば自然と解消する問題だ。

今後、笑顔の香川を何度観られるか、期待に胸が膨らむ嬉しいニュースだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加齢による抵抗力の衰えか!?

今年の夏は結果的に冷夏だったらしいが、7月の終わり頃は昨年並みに猛暑日が続いたりしていたので、自分にとって涼しい夏という印象はない。

事実、かつてない酷さの汗疹が両腕にびっしりできた時期もあり、かゆみと闘う日々が続いた。

また虫に刺されると腫れとかゆみが引かず、引っ掻いてしまって結局瘡蓋になって完治するのに時間ばかり費やしたこともあった。

若い頃はほったらかしておけば自然に治っていたのに、近頃は薬を付けてもなかなか治癒しない悲しい現実が存在する。

まあ50もそろそろ半ばにさしかかろうかという年齢のせいにはしたくないのだけれど、体力・気力とも衰えは隠せなくなってきた。

老いを受け入れて上手く付き合っていくしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デング熱なんて関係ないって思ってた!

都心のオアシス、代々木公園で蚊に刺されデング熱を患ってしまった方がいると発表されてから数日。あれよあれよという間に感染者は100人以上、おまけに千葉辺りでも患者が発生したとの報道も・・・。いったい何時からこの国は熱帯になってしまったのか?

全国各地で突発的に起こるゲリラ豪雨もそう。まるでスコールのように激しい雨が降ったかと思えば、急に日が射して真夏並みの暑さになったりでまったく読めない天気が続いている。

花を栽培して、それを生業としている者にとっては、この異常気象は厄介この上ない。変わりやすい天気の時、ハウスの天窓が自動(雨センサー付き)でないと開け閉めするだけで疲れ切ってしまう。

こんな年の冬はどうなるのだろう?今のところ秋の訪れは早そうなのだが、このまますんなり秋になってしまうのか?それともまた真夏の暑さがぶり返すのか?そして台風襲来はあるのか?

いずれにしても天気予報から目が離せない日々が当分続きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一家に一冊!

今年のポスター・カタログには、我々生産者の顔写真がデカデカと載っている。さらにカタログにはその人の[人となり]が分かるプロフィールやモットーなども掲載されている。

面白いのは1960年代生まれの男たちが、子供の頃、何になりたかったか?打合せした訳でもないのに判で押したように[野球選手]と記しているところである。

今はサッカー好きのオッサンである私でさえ「巨人の星になる」と書いており、[巨人、大鵬・卵焼き]を地で行くようだと改めて感心してしまう。

王・長嶋全盛期であり、アニメ「巨人の星」を食い入るように観ていた世代である。なれるなれないは別にして、純粋に夢見ていたのだとご理解いただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダメよ、ダメ、ダメ。

[日本エレキテル連合]この何のこっちゃ分からんネーミングの女性お笑いコンビが、今、注目を集めている。

最近はお笑いどころではない生活を送っているので、PCのパートさんから「ダメよ、ダメ、ダメって言う人たち面白いわね、知ってる?」と言われても首を横に振るしかなかった。

動画を観たら、白塗りの女性(朱美ちゃん)におじさんが口説き続けるパターンが続く。おじさんがしつこく誘っても「ダメよ、ダメ、ダメ」の一点張り。終いに朱美ちゃんは人形で、壊れかかったためおじさんが代わりを(通販会社に)注文する。というのがオチ。

何でも深夜のファミレスでネタ作りをしていた時に、初老のおじさんが50代くらいのおばさんを延々と口説き続けるのを見かけたのがこのコントができるヒントになったとか。

ご存じない皆さんは一度ご覧になってみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アギーレジャパン初陣飾れず!

サッカー日本代表壮行試合VSウルグアイ。先発メンバーに新顔が二人も(しかもFWとCB)入り、驚きと少しの不安が入り混じった複雑な感情を抱きつつ試合開始。

世界ランク6位の相手に真っ向勝負を挑んだが、なかなか攻撃の形を作れない。唯一のチャンスもモノにできずじまい。

そうこうしている間にトラップミスをかっさらわれて失点。先の枠をとらえきれなかったシュートを打ったのも、トラップをミスしたのも新人君たちだった。

異様な緊張感の中、普段どうりにプレーしろってのが土台無理な話。彼らには痛い思い出になったことだろう。

試合は0-2で完敗。負けた試合から多くの事を学んで、強い代表チームに成長していく姿を期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のお気に入り!

アルコールを代謝できない私が、初夏あたりから好んで飲んでいるのが○ール○フリー。いわゆるノンアルコールビールテイスト飲料だ。数ある同じ類の飲み物の中で、自分の口に合うのがS社のそれ。癖がなく炭酸も程よい。

つまみとして食するのがC社の「堅あげポテト うすしお味」。今年の夏は汗をかいて失った塩分をこのポテトで補給したといっても過言ではない。

何しろ65g入りが12袋入ったものを[まとめ買い]と称して4ついっぺんに購入してしまったほどなのだ。嫁も私以上に気に入っていて、1日1袋のハイペースで消費している時期が頻繁にあった。

堅めに揚げたジャガイモの歯応えとイモ本来の旨味が口いっぱいに広がる。そこへビールテイスト飲料を流し込むと何とも言えぬ味のハーモニーが生まれ、相乗効果でアッという間になくなってしまうのだ。

ビール通に何と酷評されようとも、下戸の私にとっては素晴らしく美味しいのだから仕方がない。飲めない人間がビールを味わう喜びを疑似体験できるのだから、それはそれで認めてもらってもよさそうなものだと思うのだが・・・。

まだまだ厳しい残暑が戻ってくることもあるだろう。そんな日には冷えたノンアルビールとうすしお味のお世話になってしまう自分の姿が目に見えるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川、ドルトムント復帰!

マンUで居場所が無くなった香川が、古巣のドルトムントに復帰することになった。

素早いターンや切れ味鋭いドリブルが観られずW杯グループリーグ敗退の戦犯として扱われた彼だが、信望厚いクロップ監督の下でブンデスリーガ2連覇したころのような輝きを取り戻せるかが注目される。

彼が本来の実力を発揮できるようになればアギーレジャパンにとっても朗報な訳で、来年早々のアジア杯までに間に合うことを期待せずにはいられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月になっちゃいました。

長いことお休みしていたんですが、気分転換にでもなればと思い直して再開することにしました。

といっても状況が劇的に良くなった訳でもなく、半ばヤケクソ気味に見切り発車というのに近いのかも。

何でもそうですけどブランクがあると、前みたいにできなくなることが普通にありますよね。私の場合も(期待されてるかされてないかは別として)そうなりそうな感じがします。まあ長い目で見てやってください。

夏休みも終わり、今日から9月、学生の皆さんは新学期ですね。夏の思い出はできたのかな?好きな人と花火観に行ったとか、キャンプでバーベキューやったとか・・・。

いつの間にか日が短くなって、朝晩涼しく感じられて、夜の虫の音が大きくなると秋がやってきます。酷い状態だったガーベラも少しずつ本来の姿に近づいていくと思います。何かと楽しいことの多いセプテンバーになりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年10月 »